ワキガの臭いを軽減させる為には、欧米食から日本食中心の食事へ戻していく事も、効果的

ワキガの臭いを軽減させる為には、欧米食から日本食中心の食事へ戻していく事も、効果的

ワキガの原因

汗が分泌される汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類が存在しています。
そして、それらからは違った成分の汗が出ています。

エクリン腺は、ほぼ全身に分布しています。
ここから出る汗は、暑さや運動で上がり過ぎた体温を下げる働きをしています。
ほとんどが水分で、わずかに塩分や老廃物を含んでいますが、透明に近くサラっとしていて臭いがないのが特徴です。

これに対し、アポクリン腺は、ワキの下、耳、乳輪や陰部などの毛の生えている部分に存在し、汗がにじむように出るのが特徴です。
この汗は、精神的な緊張などによって分泌され、脂質、タンパク質、糖分、鉄やアンモニアなどの成分が含まれています。
黄色や赤みを帯び、少し粘り気があるのが特徴です。
ワキガの直接的な原因は、このアポクリン腺から出る汗です。

アポクリン腺から出る汗も、汗腺から出た直後は無臭です。
しかし、塩分をほとんど含まず、栄養がたっぷりなので、皮膚の表面に常在する細菌によって、酸化、分解され、あの独特なワキガ臭を放つのです。
ワキガの人は、アポクリン腺の数が多く、形状が大きい、また範囲が広いという傾向があるようです。

また、エクリン腺やアポクリン腺以外にも、全身の皮膚に分布している組織に皮脂腺が上げられます。
これは皮膚に潤い保ち、柔らかくする役割をしています。
ここから分泌される油脂成分は、エクリン腺やアポクリン腺から出る汗と結びつき、更に臭いを強くしているのです。
皮脂腺は動物性脂肪を多く摂取すると茂樹を受け、働きが活発になります。

ワキガの治療

最近では、一般の薬局やコンビニなどでも、効果的なワキガの薬が手に入るようになりました。
制汗スプレー、ワキガクリームや殺菌石鹸などは、手軽で、直ぐに臭いを軽減できます。強いワキガでなければ、使い易く効果的です。
スプレータイプであれば、ミョウバン成分が配合されているものが良いでしょう。
クリームタイプであれば、ラヴィリンなどが人気があります。

また、汗は肌から出るものではありますが、衣服の繊維などに染み付いてしまうことも、ワキガの原因に上げられます。
ワキの処置をやっても、あまり効果が得られなければ、こまめに下着を替えたり、抗菌、消臭加工の下着を身に付けるなどの対策も同時に行ってみましょう。

これらに加え、緊張、プレッシャーや不安などの精神的ストレスは、男性ホルモン、副腎皮質ホルモンやアドレナリン促し、皮脂の分泌を促進させてしまいます。
ワキ汗を気にすることによりストレスが溜まり、更にワキ汗をかいてしまうという悪循環を引き起こしますので、気にし過ぎには気を付けましょう。

しかし、どうにも強いワキガの場合については、やはり専門の病院で相談するのが良いでしょう。
医療機関であれば、飲み薬、軟膏、抗生物質のクリームや効果が数ヵ月持続するボトックス注射も利用できます。

ワキガの手術

ワキガを完全に絶ちたいのであれば、手術しかありません。
手術には術後の回復処置も必要になりますから、専門の医療機関、皮膚科やワキ専門の整形クリニックで行うことになります。

主な手術方法は3種類です。
まず、剪除法(せんじょほう)です。
メスで皮膚に1本、2本の切れ込みを入れ、ワキの皮膚を裏返します。
裏返すとアポクリン腺が見えるので、直接目で確認しながらハサミで除去します。
手術名については、皮弁法とか反転法(翻転法)とも呼ばれています。
細かい違いはあっても、やってることはほぼ同じです。
これらは3センチ、5センチほどの切開線が
1本か2本残ることになります。

次に掻爬法(そうはほう)、又は吸引法です。
メスで1センチ弱切開した所から、器具を挿入して、アポクリン腺等を掻き出したり吸引する方法です。
吸引タイプが多いですが、超音波を使う超音波吸引法、シェーバーを使うクワドラカット法、レーザーを使う方法などが上げられます。
これらの方法は、切開線が短くなる利点はあります。
しかし、直接目でアポクリン腺を確認できないので、取り残しの割合は高くなると言えます。

最後にイナバ式です。
これも小さくメスで切開した所から器具を挿入します。
器具にカミソリ状のものを使用するのが特徴で、アポクリン腺だけではなく、エクリン腺もしっかりと除去できると主張されています。
つまり、多汗症にも大きな効果が期待できるということです。
但し、この方法も直接アポクリン腺を目で確認できないので、取り残しの割合は高くなると言えます。

又、これら以外にも最近では、ワキにレーザーを照射して汗腺にダメージを与え、汗の分泌を抑える方法などもあるようです。

保険が適用出来るケースは少なく、更に手術の場合にはリスクが伴います。
真っ先に上げられるのが、再発のリスクです。
どの手術でも100パーセント治る保証は出来ません。
再発しにくく、効果の高い手術はあっても、それはそれだけ大きく切開しなければなりませんし、自ずと後遺症のリスクも高まります。

つまり、完全に臭いを絶ちたいのか、最小限の傷で出来るだけ臭いを抑えたいのかなど、人によってベストな手術法は異なるでしょう。

重要なことは、どの手術法を選んでも、効果の高い低いがあるだけで、思うような結果が得られない場合も十分に考えられるということです。

ワキガの自覚が無い人

人は臭いに敏感ですが、すぐに慣れる傾向があります。

例えば、あまり掃除の行き届かない公衆トイレに入った際、はじめは強烈なアンモニア臭を感じますが、時間の経過と共にそれほど感じなくなります。

このように、他人には不快なワキガも、常に嗅いでいる自分にとっては、それほど強く感じられないのです。

自分がワキガかどうか判断する方法は、いくつかあります。
下着が黄ばんでいるという人や、ベタベタした汗をかく人は、アポクリン汗腺の汗が多く、ワキガ体質である可能性が高いです。

また、日本人のほとんどの方は耳垢が乾燥していますが、ワキガの人のほとんどは耳垢が湿っています。
アポクリン腺が多い人は、耳の中のアポクリン腺も発達しています。
その汗が耳の中を湿らせているのです。
したがって、耳垢が湿っている方は、ワキガの可能性が高いです。

また、ワキ毛の量が多い、濃い場合には、必然的にアポクリン汗腺の数も多く、活発に活動しているということになり得ます。

これらの判断基準の他に上げられるのが、遺伝的要因です。
そもそもワキガ体質は、遺伝の要素が非常に強いのです。
もし、自分の親がワキガだった場合、高い確率でワキガになります。
片親がワキガの場合は2分の1以上、両親がワキガの場合は5分の4以上になります。

ワキガ対策

しっかりと予防することで、ある程度臭いを軽減させることは出来ます。
スプレーやクリームを使用したり、こまめに下着を取り替えるなどの対策を取ることで、周りに気付かれなくなるかもしれません。

また、毎日の食事を変えるというのも一つの方法です。
ワキガの割合は人種によって異なり、欧米人では7、8割の人がワキガです。
それに対して、日本人は約1割程度しかいません。
その理由として上げられるのが、食べるものだという見解があります。

欧米人の食事は、主に肉類や乳製品を中心とした、いわゆる欧米食と呼ばれるものです。
肉類や乳製品などは動物性脂肪が多く、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の働きを活発にさせると分かっています。

更に、タンパク質を多く摂取することで汗をかき易くなり、その大量の汗と結びつき、臭いが放出されてしまいます。

一方、日本人は穀物や野菜を中心に食べている為、ワキガになりにくく、ワキガでも臭いがそれほどキツくなりにくいのです。

近年、日本人でもワキガになる人の割合が増加傾向にあります。
その理由は、日本食中心の食事から欧米食へと変わってきているからだと言われています。

つまり、ワキガの臭いを軽減させる為には、欧米食から日本食中心の食事へ戻していく事も、効果的だと考えられます。
動物性食品、揚げ物などの高カロリーの食品、スナック菓子や甘いジュースは極力控えてみるといいでしょう。

そして、当サイトで一番おすすめの多汗症・手汗・ワキガを改善する方法は「スッキリサラサラ7Daysプログラム」です。リンク先の文章を読むと驚いてしまうかもしれません…。

多汗症・手汗・ワキガを改善プログラム