盗聴器のトラブル

最近、盗聴器のトラブルが増えているようです。
しかし、盗聴器を仕掛けるのは圧倒的に夫婦や恋人、家族が多いのです。
その大半が家庭内の事情です。
というか、第三者が他人の家庭を盗聴すると犯罪ですから。
そんなリスクを犯してまで盗聴器を仕掛ける人はいないでしょう。
だからといって盗聴器を見逃してはいけないのです。
盗聴、すなわち、相手を監視するものですから。
相手のプライバシー侵害になるのです。
ここで大切なのは盗聴器がみつかった時、相手がどう思うかです。
それによって相手と築いてきた信頼関係も欠如してしまいます。
といっても、そう深刻にならなくてもいいのかもしれませんが。
とりあえず、盗聴はいいイメージがないのです。
結局、相手を監視していることなのですから。
ちなみにここまでが本当に盗聴器が仕掛けられていた時の場合です。
中には盗聴器が仕掛けられていると偽り、料金をせしめるといった業者もいるのです。
ともかく、誰かに盗聴されているというという不安は誰でもあるのです。
でも、あまり、疑心暗鬼になるのも生活していく上でよくないことです。
まずは周囲をよく見まわしてからしかる?べきところで盗聴の相談をしてみるのはどうでしょうか。
感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓