自分の感情を感じる方法

自分の感情を感じる方法

自分の感情を感じるために役立つ教材3つ
1、サヨナラ・モンスター
2、感情レボリューション
3、感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

自分の感情が分からない病気の種類

自身の感情が分からなくなってしまう症状の事を気分障害と呼びます。気分障害はWHO(世界保健機構)でも国際疾病分類第10版によって定められているのです。また気分障害と言う名称は気分に障害がある症状を一緒にしていますので、個々には別に名称があります。主な物と致しましてはうつ病エピソード、そう病エピソード、双極性障害、反復性うつ病性障害、持続性気分障害などが挙げられます。ちなみにエピソードとは実際にその症状が現れている状態の事を指します。また上記に当てはまらない場合にはその他の特定不能の気分性障害として判断されます。どうしても生きている中で日々ストレスを感じたりする中で気分障害が出やすかったりその強弱もあるのでこの様に分類されています。

自分の感情を感じるという事

自分の感情を感じると言う事は生きて行く中でとても大切な事になります。代表的な事と致しましては良く喜怒哀楽と言いますが、何か自分の身に良い事があった時には無意識のうちに喜んだり、また人が亡くなった場合には涙を流したり悲しいと言う感情が湧いて来ます。また腹ただしい事があれば怒りを覚えたりするなど、自分の感情を感じると言う事はその時の思いや気持ちを素直に表現する事ができると言う事になりますので、言い方を変えれば物や植物とは違った自己表現ができる事だと言っても良いでしょう。ですので素直に今の自分はこう言う状態なんだなと客観的に見る事ができるのであれば精神的にも落ち着いている状態だと言えるでしょう。

自分の感情が分からないと言うこと

普段私たちは自分の感情が分かるからこそ生きて行けると言っても良いでしょう。例えばお腹が空いたら食事をする、眠くなったら睡眠を取る、嬉しいことがあれば友達に連絡をして一緒に分かち合ったりするなど感情が人を育てると言っても過言ではないのです。しかし自分の感情が分からないと言う事は色々な事に対して感じる気持ちが無くなってしまう事になる訳ですから喜怒哀楽を味わう事ができなくなってしまいます。そうするとせっかく周りで良い事が起きてもそれを楽しかったり嬉しいと感じて表現をする事ができない訳ですので、自分の感情が分からないと言う事は人生を楽しめなくなってしまう事と表現しても良いでしょう。

自分の感情をコントロールできない病気について

私達は初めから感情がない訳では無いのです。しかし昨今のストレス社会によってうつ病や精神障害の病の方は上手く自分の感情をコントロールする事ができなくなってしまうのです。因みに感情があるコントロールできないと言うのは感情がない事とは異なりますのできちんと区別をしないといけないのですが、具体的には上記に記載した患者さんの症状を見てみると怒りや嫉妬、憎しみの感情が抑えられなくて急に寂しくなったり悲しくなったりして急に涙が出始めてしまったりもします。これは過去に受けた何かしらのストレスが心を不安で一杯にしてしまって喜怒哀楽の見定めを付ける事なく感情が出てしまうからなのです。

自分の感情が分からない状況での恋愛

皆さまにもご経験があるかも知れませんが、精神的に仕事でとっても忙し時や精神的に何かに追われている場合には目の前にイケメン男子や可愛い女性がいたとしても好きになったり恋愛をしたいなどとは思えないくらいの精神的状態だと思います。同様に何かしらの精神的ストレスによって精神状態が崩壊しており自分の感情が分からない場合には目の前にいる異性や毎日優しくしてくれる異性がいたとしてもそれが恋なのかどうなのかを自分で把握する事もなかなか難しいのです。せいぜいいつも優しく接してくれている人と離れたくないと言う気持ち止まりで精一杯かも知れませんが、原因としては極度のストレスを受けて精神障害に至る途中で人を好きになる気持ちも失ってしまった事が考えられます。

自分の感情が分からなくなるかの診断について

自分の感情が分からなくなってきたと言う場合にはとても心配になり、医者に行かないといけないのかと更に不安になってしまいますが、その前に自身でも確認をするチェック方法がありますので心配な場合には一度確認をしてみると良いでしょう。具体的にどの様な設問かと言うと、自分の本当の気持ちや意見が言えなかったり分からない・つい周りの意見に合わせてしまう・思考が強すぎて感じる力が鈍くなっている・ある議論に関して当事者にならずに第三者として関わる・本来の感情とは違う感情表現をしてしまう・頑張り過ぎてしまう・自信がない・最近喜怒哀楽の区別がつかなくなっている・などの内容です。大切なのは客観的にみると自分はどの様な人間なのかを把握すると言う事です。

自分の感情が分からなくなる要因

では自分の感情が分からなくなる要因は何処にあるのかと言う事ですが、これは特にうつ病や精神疾患と判断をされた人達だけが該当する事ではありません。考えられる要因と致しましては通常であればある程度精神的にも余裕がある為に喜怒哀楽の区別ができて人とのコミニュケーションも図れるのですが、昨今問題となっているパワハラやモラハラに代表される第三者からの圧力によっていつもはかけられていない圧力が加わるので、心のタンクが狭くなってしまっていつもでしたら喜怒哀楽を感じる事ができるのにそんな事すら感じられない位追い詰められている心の状態になるために自分の感情が分からなくなるのです。

感情コントロールの訓練について

感情コントロールを行うに当たって何よりも一番大切な事は皆さまが「絶対にできる」と言う意志を持つ事です。だからと言っていきなり無理な方法を取っても途中で挫折してしまう可能性が高いので、先ずは短くても良いので正しい感情を持つと言う事です。例えば綺麗な花を見たら綺麗と思える様に、面白い事があったら素直に楽しいと思える様になる事です。往々にして一度精神的に病んでしまうと何事に対してもマイナス感情が働いてしまいますので、もしその様になりそうになった場合には「これは楽しい事なのだ」と言う前提となる考え方をする様にしましょう。最終的に怒りの感情はなるべく抑えた方が良いのですが先ずは喜怒哀楽に対して素直な感情を持てる様に訓練をして行く事が大切になります。

自分の感情に鈍感な場合

自分の感情を鈍感にさせてしまう悪い要素としては必要以上に自分を良く見せたいとか、相手に嫌われたくないなどの建前が先行してしまう場合があります。ですので些細な事だとしてもそれそれを「まあいいや」と無い事にして見過ごしてしまうと段々と自己表現の場が少なくなって行きますので鈍感になってしまいます。ですので改善方法としては今までの「感情を抱いてはいけない」から「感情を持ち、相手に伝えて行こう」と言う考え方に変えて行く事です。勿論全ての意見が通る訳ではありませんが、間違えた発言をしてしまった時でも敏感に「今回はいけなかったので次回は言い方を変えてみよう」と敏感に自分の感情を分析する事ができるのです。

自分の感情を感じる練習

もしも今まで何かしらのプレッシャーの中で自分の感情を押し殺されていた場合には自分の感情を感じる練習をして、最終的にはアウトプットできる様にして行く事をお勧めします。練習のコツとしては何事に対しても「心の声」を持つ事です。例えば仕事が上手く言って上司に褒められた場合には心の中で「嬉しい」とか「自分頑張った」と呟いたりもし待ち合わせに相手が遅れてきたら表面上は「大丈夫だよ」と言っても心の中では「遅いな」と呟いてみましょう。心の中の声は誰に聞かれる事もありませんので自分の思ったままに自由自在に感じた事を心で呟いてみましょう。また後から見返したいと言う場合には是非日記に書きとめておく事もお勧めします。

自分の感情を感じるのが怖い場合

自分の感情を感じるのが怖いので心に引っ掛かる事があったとしても相手に合わせた方が穏便にその場を収められるなと思う事があります。でも自分の感情を感じる自体は相手を傷つける事にはならないと言う事に気が付いていただきたいのです。更に言うと自分の感情を感じたとしてもそれを直ぐに発言するのではなく、一呼吸おいて「この感情のまま伝えるのではなくて、どういう言い方をしたら相手に伝わりやすいか」と言わない事を選択するのではなく、言い方を変えると言う方法を取れば良い訳ですので感情を感じること自体を躊躇してしまうのは自らの感情を抱く事や気持ちを伝える事に対して壁を作ってしまう事になりますので是非、臆病にならずに素直なままにどんどん自分の感情を感じて行きましょう。

自分の感情を感じる意味

これは人間だからこそ成しえる事だと思いますが、自分の感じた感情こそが私達の発言となり、それが良いコミニュケーションを作ったりビジネスの場においては大きな成功を勝ち得るきっかけとなりますので、自分の感情を感じる事は私達が自己表現をする為の源となる行動になるのです。また特に運動をしている人についてはメンタルがフィジカルへと通じる事が多々ありますので試合に負けた場合には素直に「悔しい」とか「次は絶対に勝つぞ」と言う感情を感じてこそが一生懸命に練習をする様にもなりますし、実際に次回の試合に勝った時には「あの時に試合に負けた後の感情があってこそここまで来れたのだ」と言う嬉しい感情を得られる事になるのです。

自分の感情を感じきるワーク

自宅で簡単に1人でもできる方法としては1つのテーマに対して思った事を1分間に最低10個を紙に書いてみると言う方法です。例えば今まで食べた事がないとっても美味しいラーメンを食べたとします。この事実に対して「美味しかった」「また行きたい」「今度は〇〇さんと行きたい」「でもあまり教えたくないかな」「接客はいまいちだったな」など何でも良いので思った事をどんどん書いて行きましょう。この作業はダラダラやってしまうと集中力が切れてしまいますのであまり意味がなくなってしまいます。なので感情を感じきるのだと言う想いを念頭にどんどん思った事を遠慮なく書いてゆきます。このトレーニングをしているうちに「もう感じきった」と思える日が来るはずです。

自分の感情を感じきるコツ

上項のワークができていると言う事が前提にはなりますが、ある程度感じきるワークができる様になったら今度はそのテーマに対してポジティブな事だけを書いて行ったりネガティブな事だけを書いてゆくと言う練習をします。そうするともちろんポジティブな事はそのままアウトプットをして行けば良いのですが、ネガティブな事についてはそれを打破する為にはどの様な感情を抱けば良いかと言う事を今度は少し時間をかけて考えてみましょう。そうすると出し切った感情ワークから喜怒哀楽それぞれの感情を出し切って感じきる事ができます。また困難にも立ち向かえる感情までも出し切る事ができる様になりますので良いコツと言えるのです。

自分の感情を感じる方法

ある程度自己の中で感情のアウトプットやそれぞれの感情の整理ができた後にはいよいよ思った事を人に伝える事を行わなければなりません。そして皆さまの感情が言葉となって、もし人の気持ちを動かす事ができた時こそ本当の自分の感情を感じられる瞬間だと思います。ですので自分の感情を感じる一番の方法は何と言っても心に思った感情を相手に伝わる方法を用いて表現して行く事だと思います。特に人は何かに成功する為に人生を送っている訳ですのでどんな小さな事でも構いませんので1つの成功を勝ち得て素直に幸せな感情を噛みしめてそれを繰り返して行けば数多くの感情を感じて行けるのです。また自分が嬉しいと思ったことは相手と共有する事で伝染して行きますので、どんどんプラスの感情を感じて行き心の中を良い感情で満たして行く様にして行きましょう。

自分の感情エネルギーを感じるには

自分の感情エネルギーを感じるには客観的に自分の事を見れる様になる事が大切です。例えばスポーツで試合に勝った時に嬉しい気持ちが先行して喜ぶのは勿論の事ですが、この時に客観的に「あ、今自分はとても嬉しい気持ちで満ち溢れているな」と感情エネルギーを感じる事です。もしその場面で客観的になる事ができなければ最初のうちは試合や会議など皆さまが感情を必要とする場面が終わった後には必ずその日の振り返りをする様にしましょう。そしてどの場面で自分はどう言う感情であったのかと言うのを思い出したり日記に書きとめておくのも良いでしょう。感情エネルギーを感じると言う事は自分を成長させてくれる事に直結しますので内面から湧いてくる感情エネルギーに敏感になりましょう。

自分の感情を感じきる引き寄せ

では最後に自分の感情を感じきる事で何かを引き寄せる事はあるのかと言う事ですが、これは間違えなく良い意味で周りを巻き込む事ができます。例えば団体競技のスポーツの場合には一人の選手がもの凄い感情エネルギーを感じている場合には周りのメンバーも感化されますので「自分も頑張ろう」と思う事でチーム全体に良い空気が流れる様になります。またこれはスポーツだけではなくて会社や
家族などでも同じです。特に状況が良くない場合に悪い感情からプラスの感情をアウトプットする事ができれば回りにも良い影響を及ぼす事ができます。俗に言うオーラと呼ばれる物かも知れませんが、良い事をすれば良い事が返ってくると言う昔からの諺にもある因果応報にも精通する事になりますので皆さまの感情で良い仲間を引き寄せて行きましょう。

自分の感情を感じるために役立つ教材3つ
1、サヨナラ・モンスター
2、感情レボリューション
3、感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)