お酒の飲み過ぎ対策!医学博士監修アルコール飲み過ぎ対策の特許成分配合サプリ【エカス】

お酒の飲み過ぎ対策!医学博士監修アルコール飲み過ぎ対策の特許成分配合サプリ【エカス】

医学博士監修によるオリジナル処方で製造した飲み過ぎ対策サプリメント特許取得成分配合【エカス ekas】

今年ももう12月に入り忘年会や送別会等お酒の席が増える時期になりました。そんなついつい飲み過ぎてしまいがちな方に飲み過ぎ対策をいくつかご紹介したいと思います。

空腹時を避けての飲酒

お酒を飲む際に稀に空腹状態で飲み始める方がいますが、実はその行動は間違いなのです。空腹時はお腹が空っぽな状態なのでジュース感覚でどんどんお酒を飲んでしまいやすく、更に飲酒した際のアルコールの吸収が激しいので酔いが通常よりも回りやすくまた悪酔いの原因にもなります。また胃が空っぽな状態での飲酒は、デリケートな胃の粘膜を傷付けやすく胃の中が荒れてしまいます。飲酒をした当日や直後は平気でも、翌日に胃のムカつきや鈍痛等に襲われることもあるので、飲み過ぎ対策と同時に二日酔い対策として空腹時の飲酒は避けた方が良いのです。ただ満腹状態でのお酒は美味しくないと感じる方も多いので、多少の食事をしてからの飲酒を心掛けるのがベストです。

お水を摂取する

「え?これだけでいいの?」と思う方も多いと思いますが、実はお水を摂取することが何よりも効果が高いのです。アルコールを摂取すると体内の水分は排出され、反対にアルコールはどんどん吸収されていき体内に水分が少ない状態になると脱水症状を引き起こします。この脱水症状によって、頭痛や吐き気などいわゆる酔った状態を作り出してしまいます。水分が排出された分、お酒を飲んだ分と同等くらいのお水を摂取することによって水分による満たされ方も違うので変に飲み過ぎてしまうことや、酔いやしつこい二日酔いの防止にも繋がるのでおすすめです。タイミングとしては、お酒を飲みながらの間にお水を飲むことが飲み過ぎ対策に効果的に力を発揮します。

飲み物の選び方を工夫する

実は飲み物の選び方はとても大事な飲み過ぎ対策になります。お酒は種類などによってアルコール度数というものが大きく変わっていきます。一度は目にしたことがあるとは思いますが、お酒の容器等にアルコール度数と記載してあるものを示します。いわばお酒の強さになりますがこの度数が高ければ高いほど酔いやすく、低いほど飲みやすいものになります。ワインやシャンパンなどは度数が高めなので出来れば避けた方がいいです。酔いはすぐには来ないのでついつい飲み過ぎてしまう傾向になってしまいます。反対にカクテルなどの方が飲みやすく、アルコール度数も3~4%台で低めなのでおすすめです。しかしここも注意しなければいけないのが、飲みやすい故の飲み過ぎです。度数が低いため酔いはすぐには来ませんが、調子に乗って飲むと結果飲み過ぎてしまうので注意が必要です。

お酒を割って飲む

お酒を割って飲むことで酔いも少なく最小限に抑えることが出来ます。オレンジジュースやお茶等で割ると飲みやすくなります。また飲み過ぎてしまうことを根本的に避けたい方は、ジンジャエールやトニックウォーターなどの炭酸で割ることをおすすめします。これらの炭酸は飲みやすい上に、お腹に溜まるので飲む量自体が少なくなり飲むスピードも遅くなるので飲み過ぎ対策にはうってつけの割り方になります。炭酸が少し苦手な方は、炭酸ともう1つクランベリーやパインジュース等を加えて割るといいと思います。さっぱりと飲みやすさもありつつ、炭酸によってお腹が膨らむので嗜む程度でお酒を楽しむことが出来るので一度試してみるといいと思います。

おつまみ等食事をしながら飲む

お酒の席の前に事前に食事をしてからお酒を飲むことに違和感を感じる方もいると思うので、そんな方はお酒を飲みながらの食事がおすすめです。しかしがっつり食べるのではなく軽めにが重要なポイントになってきます。おつまみ程度の軽い食事は胃を軽く満たすことが出来るので、飲み過ぎやアルコールの吸収を弱める効果があります。ご飯物や麺類だとお腹が満たされ過ぎてしまい、反対にお酒を美味しく飲むことが出来ないので軽めのものがベストです。特におつまみでおすすめなのがナッツ類です。ナッツ類は手軽に食べることが出来ることに加えアルコールに含まれている脂肪を吸収してくれるので、身体にも優しく飲み過ぎ対策をしながら糖質対策にも繋がるのです。

飲み物を誤魔化す

この作戦はちょっとズルいかもしれませんが効果的です。お酒の席では上司の方や目上の方などから「もっと飲みなよ」とお酒を頂いたりすることも多々あるので、断りずらかったりそもそも断ることが失礼になる場合もありがちです。そんな時には常にお酒が入ったグラスを手元に置いておくことで追加で頂くことを牽制したり、頂くことを最悪頭に入れておいてウーロン茶などをウーロンハイであったりコーラをコークハイとして誤魔化して飲むこともいい作戦です。色だけではお酒かソフトドリンクなのかは分からないので端から見ればお酒を飲んでるように見えます。お酒の間にそういった誤魔化しを混ぜることで、お酒の飲み過ぎを防止することが出来ます。

スポーツドリンクを飲む

お酒の間や飲み終わりにお水を飲むことが1番の飲み過ぎ対策や二日酔い対策になりますが、お水が飲めない方も若い人の中にはいらっしゃるのでお水の代わりにスポーツドリンクもおすすめです。お水は水分補給にうってつけですが、スポーツドリンクは水分補給をしながらアルコールの分解を手助けしてくれます。 おすすめなのがポカリスエットです。適度な甘味とさっぱり感があるので飲みやすくコンビニ等で手軽に購入出来ます。ただしスポーツドリンクの飲み過ぎにも注意が必要です。合間に飲むことで飲み過ぎや酔いを防止してくれますが、摂取し過ぎるとお腹を壊しやすくなるので一気に飲むのではなく適度な量を何回かに分けて飲むことが重要です。

回数を分ける

回数を分けて飲むことはお酒の席で簡単かつナチュラルに取り入れやすい飲み過ぎ対策と言えます。飲み過ぎてしまうの人の傾向としては、お酒を飲むスピードが全体的に早い傾向にあります。お酒を飲むスピードが早いとアルコールが一気に体内に回ってしまうので、分解される前に酔ってしまいがちです。また飲むスピードが早いとどんどんお酒を飲んでしまうので最終的に飲み過ぎてしまい、翌日の二日酔いにも繋がりやすくなります。また一気飲みは身体にも負担を掛けてしまうのでおすすめ出来ません。しかし回数を分けて飲むことで、身体に負担をあまり掛けずにアルコールをゆっくりと分解してくれるので飲み過ぎや二日酔いを防止することが出来ます。

スマホアプリを利用する

スマホアプリにも飲み過ぎ対策のアプリがあります。Android版では【酒ッキリ時計】というアプリが1番おすすめです。こちらのアプリはとても使い勝手がよく飲み過ぎ対策と二日酔い対策を同時に行ってくれます。あらかじめ身長体重をインプットしておき、飲んだお酒の杯数を入力するとアルコールが抜けるまでの時間を教えてくれます。また翌日予定がある人や二日酔いしたくない人向けに、何時までにアルコールが体内から抜けてほしいか時間を入力することで飲んでいい杯数を表示してくれます。Android版だけではなくiPhone版には【alcCalc】というほぼ同じ機能を持ったアプリがあるので、所持している機種によって使い分けるといいです。

サプリを飲む等の事前に対策する

よくコンビニ等で見掛けるウコンやペパリーゼ等のサプリをお酒の席の前に事前に飲む人が多いと思いますが、この方法もとても効果がある方法で成功率が高いものです。こういったサプリはお酒を飲んでいる最中よりも、前に飲んだ方が効きがいいです。荒れてしまった胃より荒れてしまう前の胃の方が最初から粘膜を守りアルコールによるダメージを軽減し、最小限に留めてくれます。また胃のダメージ軽減だけではなく、アルコールの吸収や分解を手助けしてくれるので普通の飲み方をしていれば酔いも一気に回ることなく、飲み過ぎに陥ることも少なくなります。コンビニ等で手軽に購入することが出来るので、お酒の席の前に用意してみるといいかもしれません。

500円お試しトライアル

医学博士監修アルコール飲み過ぎ対策の特許成分配合サプリ【エカス】

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ドクターズチョイス ファンガソープEX