バストの形とその種類について

バストアップ

バスト=(おっばい)にも、いろいろな種類があり、その形も大きさだって個々においても、実に多種多様です。毎日環境や生活習慣に、食べる物や、身体を動かすことによっての違いが出て来ます。

そこで、バストのさまざまな形を、『オモシロ・オカシナ』な呼び名で、言い表しているので、説明したいと思います。時間がある時にでも、鏡を用いて、自分のバストと照らし合わせて、確認して観てくださいね。

『おわん型』のバスト
まず、始めに説明するのが、『おわん型』のバストです。ちなみに、別名では『半球型』との異名で呼ばれている、バストです。また、『おっぱい』の底辺『おっぱい』との高さが比例している、同じ寸法の形のバストです。

『円すい型タイプ』のバスト
次に、説明するのが『円すい型タイプ』のバストです。俗に言う、『ロケット乳』や、『ロケパイ=ロケットおっぱい』で呼ばれています。なお、『おっぱい』の、底辺よりも、『おっぱい』の、高さが長い上に、ツンとした、突き出したような形のバストです。

『三角形型』のバスト
次に、説明するのが、『三角形型』のバストです。バストが垂れ下がると、このように呼ばれます。一方では、乳首自体は、上向きなのですが、『おっぱい』の高さが、とっても小さく、『おっぱい』の底辺との比較にそぐわない形のバストです。

『偏平型』のバスト
次に、説明するのが『偏平型』のバストです。乳腺があまり発達しておらず、『おっぱい』の豊満さがあまりないに等しい形です。ちなみに、俗に言う子供のような、未発達な『ペチャパイ』のことを差します。

『ピラミッド型』のバスト
次に、説明するのが、『ピラミッド型』のバストです。『おっぱい』に、膨張したように強調しており、大きいうえに存在感があります。しかし、年齢を重ねるごとに、垂れ下がって来やすい、バストの形と言えます。

『ヤギ型』のバスト
次に、説明するのが、『ヤギ型』のバストです。『おっばい』高低差や大きさよりも、長さが印象的です。また、年増の女性や、授乳した後の女性により多く、存在している、バストの形です。なお、ヤギの『おっぱい』みたいに、極端に垂れ下がりのあるバストの形のことを差します。

『お皿型』のバスト
次に、説明するのが、『お皿型』のバストです。『おっぱい』の、トップとアンダーとの、高低差ほとんど同じで、あまり高さがない形です。また、日本の女性にもっとも多く存在している、『おっぱい』の形です。ちなみに、裏にひっくり返した、お皿を伏せたようなバストの形です。

『釣鐘型』のバスト
そして、最後に説明するのが、『釣鐘型』のバストです。乳首のポジションが、『円すい型』のバストより、下がっており、『おっぱい』自体の、質量は、素晴らしく、感じられる形です。また、別名で『しずく型』のバストとも呼ばれております。

いかがでしたか?女性のタイプもいろんな方々が、存在し、『おっぱい』にも、いろんな形が存在していますよね。気になった方は、ぜひ!!チェックして観てくださいね!!

[poll id=”1″]