うんこくさい口臭の原因は細菌が増殖した舌の舌苔が原因の場合がある。

細菌が増殖した舌の舌苔が原因の可能性

歯磨きをしても改善しない「うんこくさい口臭」の原因は、実は「細菌が増殖した舌の舌苔」が原因の場合があります。まずは、鏡を見て口を大きく開けて舌を出してみて下さい。舌の表面に白い汚れがたくさん付着していませんか?

舌の白い汚れを取って臭いを確認

舌の表面に付着している白い汚れを、舌を傷つけないようにそっと爪で擦ってみて下さい。そしてそれを軽く指で擦って臭いを嗅いでみて下さい。恐らく臭いと思います。それが口臭の原因にもなるのです。

舌の表面に付着している白い汚れの正体は

舌の表面に付着している白い汚れの正体は、これは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるもので舌の表面や、舌の舌乳頭の間に付着している食べ物のカス、剥がれ落ちた粘膜細胞、細菌などの固まりです。そこに細菌の温床となり細菌が増殖すると口臭が発生する仕組みです。

さきほど試していただいた舌の表面に付着している白い汚れの臭いを発生させるのです。

舌の表面に付着している白い汚れをとる

舌の表面に付着している白い汚れをとるには、歯磨きだけでは取れません。簡単に取れるのが「銅製タングスクレーパー(舌みがき)日本製」です。これを使えば口臭の原因である舌の表面に付着している白い汚れを簡単にとることが出来ます。

すぐに舌の表面に白い汚れが付着する

「銅製タングスクレーパー(舌みがき)日本製」で取っても、すぐに舌の表面に白い汚れが付着する場合は、口臭予防歯磨き粉「美息美人」を使って見て下さい。