【佐賀県の観光スポット】名護屋城跡地に隣接「佐賀県立名護屋城博物館」

※本記事のリンクはアフィリエイトを含みます。

※本記事のリンクはアフィリエイトを含みます。
スポンサーリンク
何でも揃う超激安サイト!
あの通販サイトで売られているものが
ここでは半額以下の場合もある!
米人気No.1の総合EC!お探しのものが何でも見つかる【Temuティームー】
スポンサーリンク
何でも揃う超激安サイト!
あの通販サイトで売られているものが
ここでは半額以下の場合もある!
米人気No.1の総合EC!お探しのものが何でも見つかる【Temuティームー】

佐賀県唐津市に豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点として建てられた名護屋城の隣に「佐賀県立名護屋城博物館」があります。
「佐賀県立名護屋城博物館」には、秀吉が、朝鮮へ出兵する前の名護屋城での暮らしの様子や日本と朝鮮との交流資料や物品などが展示されています。
名護屋城跡地や周辺の陣地跡は、国の特別史跡に指定されており、朝鮮半島や中国からの観光客も多いです。
名護屋城は、秀吉が朝鮮帰国後に廃墟となりましたが、「名古屋城博物館」では、今でも発掘調査が行われ、保存整備がすすめられています。
また、日朝交流をテーマに佐賀県唐津市の歴史や文化についての展覧会が定期的に行われ、国際交流専門の会員が学校へ出向いて講座を開いたり、博物館のイベントとして、韓国語スピーチコンテストや講座が開かれたり、日朝の交流においての歴史や文化の教育普及にも取り組まれています。
名護屋城は、豊臣秀吉が、朝鮮出兵(1500年末期)の際、準備基地として築かれたもので、お城の周辺では、城下町が栄えたそうですが、秀吉死後、廃城となり唐津城に移築されたとも伝えられています。
北に玄界灘が見渡せる景勝地でもあり、見晴らしが良く、朝鮮へ出兵しやすい場所でした。
博物館の1Fのミニシアターでは、バーチャルリアリティーで約420年前の当時の名護屋城を視察することができます。

この記事を書いた人
アバター画像

何かに役立つ情報サイト(みんなの記事紹介サイト)の管理者として、40代の私がサイトを運営しています。皆様から集めた様々な記事を投稿し、お役に立てるよう心掛けています。ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にコメントを残してください。迅速にご返信させていただきます。

管理者(みんなの記事紹介)をフォローする
【広告】楽天の公式サイトに飛べます
【広告】楽天の公式サイトに飛べます

ランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

未分類
管理者(みんなの記事紹介)をフォローする
みんなの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました