市販仕様のスバル・レヴォーグの魅力

スバル・レヴォーグは正式に発売されていなかったが、2014年6月に市販仕様が発売されるようです。

レヴォーグがターゲットとなるのは、やはりスバル・レガシィではないでしょうか。

レヴォーグは後部座席に座っても膝まわりにゆとりがあり、ドアを開けた時の開口部幅も、リヤでは340?もレヴォーグの方が大きくなっています。

ラゲッジもサブトランクがあるので容量はレヴォーグの方が勝りますが、フロアの広さと高さは4代目レガシィの方が上ですね。

視界は現行のレガシィ以上に良く、ピラーによる死角をなくして、全方向から優れた視界を確保できます。

特にCピラーからの死角が軽減されています。

レヴォーグの1.6Lエンジンは、インプレッサに搭載されたFB16型エンジンのパーツを専用に新開発して搭載されていたり、スバルのターボ車では初のアイドリングストップも採用しています。

2.0LのFA20型エンジンは、現行のレガシィと出力やトルクなどのスペックは同じですが、バルブスプリングの採用やチェーンガイドの見直しにより高回転化し、燃費はレヴォーグの方が勝っています。

また、1.6L仕様は軽量でコンパクトなリニアトロニックを採用しているので、2.0L仕様に比べて40?ほど軽量化されて作られています。

日本ではレガシィツーリングワゴンは廃止され、レヴォーグに引き継がれますが、レガシィのオーナーを満足させてくれるか興味ありますね。



潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?