ジャガーが3つのグレードで登場

ジャガーといえば、F1やル・マン24時間では常連でしだが、フォードグループになって拡大しようとしたが失敗して、その後はインドのタタ社の傘下になりましたよね。

そんなジャガーから3グレードのクーペが登場しました。

エンジンはV8とV6のスーパーチャージャーですが、NAがないのはちょっと残念かなと思いますね。

最上グレードのRタイプは、5LのV8で0〜100?/hは4.2秒の加速力を持ち、最高速度は297?/hです。

このRタイプのジャガーは、ポルシェカレラとも勝負できるようなパフォーマンスも備えています。

全グレードにアイドリングストップ機能や8速ATを装備し、シフトレバーでMT操作する事も可能になっています。

内装は上質で、Rクーペはダッシュボードやヘッドレストに「R」のマークが配されてスポーティーな感じに仕上がっています。また、クーペですがゴルフバックが2個も積めるほどの大きなトランクには満足できるでしょう。

オープンタイプのジャガーよりボディー剛性が高く、乗り心地とハンドリングのバランスに優れています。

ラリーコースのような険しい路面でも、ステアリングは正確に操作でき、リヤの安定性も高いので安心してドリフトで攻める事もできます。

車両本体価格は1286万円ですが、FRスポーツの醍醐味を味わうには十分な1台でしょう。