現在までに70000人の喘息患者を救ってきた、やれば効果が得られる確かな方法

現在までに70000人の喘息患者を救ってきた、やれば効果が得られる確かな方法《喘息の症状》
喘息の症状って、どのようなものが、有るのでしょうか?息苦しくなったり、咳が出たり、痰が出たりします。また、胸が『ヒューヒュー・ゼーゼー』と言う、喘鳴(ぜんめい)が鳴ることがあります。

またここ最近では、咳だけの喘息も増えているようです。胸が痛くなったり、喉が痛くなったりと、違和感が出るなども喘息の症状の一つになります。息苦しい、咳が出る、胸が『ヒューヒュー・ゼーゼー』鳴る、喉が痛い、胸が痛い、などの症状が出ている人は、一度病院に行くことを、お奨めします。病院に行かないで、このまま放置しておくと、発作の回数が多くなったり、気道の炎症が悪くなったり、また喘息の症状が重たくなります。

【喘息の症状まとめ】
◎咳が出る。
◎息がしにくくて、苦しくなる。
◎呼吸をした時に、胸が『ヒューヒュー・ゼーゼー』と言う音が鳴る。
◎夜中や朝の早い時間に、喘息の症状が出やすい。
◎喘息の症状で、夜中に目が覚めて、眠れない。
◎体を動かした後に、苦しくて、しんどい。

《喘息の発作》

喘息の発作は、主に夜中に急に起こることが多いです。喘息発作が酷くなってから、大慌てしないで済むようにしましょう。その為には、普段から発作の対応策を知ることが大切です。喘息の発作は、早く見付けて、軽い時に抑えることが良いです。

【喘息の発作が出た時に、自宅ですること】


まず、喘息の発作が出た時は、ビックリすると思いますけど、落ち着いてくださいね。

不安や、心配なことが多くなると、喘息の発作はますます悪化します。

だから、不安なこと、心配なことが有ったら、深呼吸をして落ち着いてくださいね。

周囲の人は、喘息を起こしている人の、呼吸を見てあげて下さい。


気分転換をする。

軽い発作の時は、外を歩いたり、太陽の光を浴びると良いですよ。

好きな音楽を聴く。

夜の散歩をする。


窓を開けて空気の入れ換えをする。

部屋の中の空気は綺麗ですか?

たまには、窓を開けて、綺麗な空気を入れて下さい。

喘息の人の最大の敵は“煙”です。

発作を起こしている最中は、体を起こしている方が楽チンですよ。

壁に凭れるとか、テーブルに前屈みになった方が楽チンです。

喘息の発作は、様々なことが原因で起こります。子供の場合は、寒い中いきなり走ると、
発作を起こしやすいですね。運動するなら、ゆっくり走る“ジョギング”か、水泳が良いですよ。

薬を使わずに改善する方法もあります。喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善法の「川井式喘息改善エクササイズ」を包み隠さずお伝えします。現在までに70000人の喘息患者を救ってきた、やれば効果が得られる確かな方法です。

わずか2日程度で「息を吸いやすい」「声が出しやすい」「楽に呼吸が出来る」などの嬉しい効果が表れ、たった2ヶ月で酷い喘息が特別な道具も、薬も使わずに改善した方法です。

喘息の原因である、「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する、根本的な喘息改善法。その方法は70000人以上の喘息患者を救ってきた方法で、やれば効果が得られる確かな方法です。あなたがもし、その方法「川井式喘息改善エクササイズ」を知りたいのなら以下より詳細をご覧下さい。

川井式喘息改善エクササイズの詳細はこちら