「葉酸」と「ミトコア300mg」の併用で妊娠率アップ?

妊娠率を高めるため、あなたは何をしていますか。恐らくこのページを見ているあなたは「妊娠したいのになかなかできない…」と悩んでいるのではないでしょうか。

インターネットなどで調べて「妊娠率を高める方法」ということがあれば、つい片っ端から試しているのかもしれませんね。妊娠というのはタイミングもありますが、やはり歳を重ねるごとにしにくくなることは事実です。

そんなあなたにおすすめなのが「ミトコア300mg」という妊活サプリメントです。聞いたことはありますか。ここではミトコア300mgの魅力とともに、その妊娠効果をより高める方法についてお話ししていきます。

「イースタティックミネラル配合ミトコア300mg」の詳細はこちら
 

ミトコア300mgは卵子を若返らせる

ミトコア300mgの最大の魅力でもあるのが、「老化した卵子を若返らせることができる」、という点でしょう。ミトコア300mgの主成分でもあるイースタティックミネラルは、卵子のミトコンドリアを活性化することができます。

ミトコンドリアというのは、細胞のエネルギー源となる大切なものです。エネルギーがなければ、活発な動きはできませんよね。老化した卵子は、ミトコンドリアが少なくなっているため動きが鈍くなっているのです。これでは、妊娠する確率は低いと言わざるを得ませんよね。ミトコア300mgを飲むことで卵子が元気になれば、妊娠しやすくなるのはいうまでもありません。

もちろん、ミトコア300mgを飲むだけでも妊娠率を高めることは可能です。卵子が若返るのですから当然ですね。そんなミトコア300mgは、他のサプリメントとの併用も可能とされています。そこでおすすめするのが、「葉酸サプリ」とミトコア300mgの併用です!

葉酸は妊娠初期に欠かせない栄養素

葉酸は、お腹の中の赤ちゃんが健康に成長していくために欠かせないものです。なぜなら、葉酸にはDNAを合成したり、細胞分裂を促す働きがあるからです。妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの細胞分裂がうまくいかなくなり、それによって赤ちゃんが先天性の障害や奇形を患うリスクが高まってしまいます。そのためにも、妊活中に葉酸を摂ることは推奨されています。

さらに、葉酸には造血作用もあるので、子宮や卵巣の働きを良くする働きもあります。子宮内膜を強化し、着床をサポートする働きもあるんですよ。これらの働きから、葉酸を摂ることで妊娠率をアップできるといえます。

厚生労働省の発表によれば、妊婦は食事から480マイクログラムの葉酸を摂ることが推奨されています(日本人の食事摂取基準2015年版)。しかしこの量を摂取している妊婦は、全体の13%に過ぎません。したがって葉酸サプリメントで補充することが、とても大切です。

 

引用元:葉酸Q&A|葉酸普及研究会

大事なことはオーガニック野菜から葉酸を摂取して、どうしても足りない分を葉酸サプリメントで補うという考え方が大切です。すべてサプリメントに頼るのはいけません。あくまでもサプリメントは「補助」ということをお忘れなく。

葉酸は「妊娠してから必要なもの」と思っている人も多いのですが、妊娠に気づいてから摂っても遅いこともあります。先天性の障害リスクを減らすためはもちろん、妊娠率を高めるという点でも葉酸サプリとミトコア300mgを併用することをおすすめします!

注意していただきたいのは単純に「葉酸サプリ」という認識では危険です。「石油を原料」にした葉酸サプリもありますので、「天然の葉酸サプリ」がおすすめです。一番おすすめなのが「ドクターズチョイス オーガニック天然葉酸 60粒」です。

※必ずかかりつけの医師にご相談のうえで摂取してください。

ミトコア300mgで卵子を若返らせ、葉酸で冷えを改善することで妊娠率を高めていきましょう。自然妊娠を望んでいる人はもちろん、体外受精をする場合でも、この2つのサプリメントの組み合わせはおすすめですよ。ミトコア300mgはどんな葉酸サプリとも併用することが可能ですから、自分のお気に入りの葉酸サプリを見つけて一緒に飲んでみてくださいね。