ニキビで気をつけるべき点

ニキビができている個所とできていない個所では、肌の状態が違います。 ニキビケア剤を塗る時は、綿棒を使ってピンポイントに患部に塗ると良いです。 芯がすぐ出るような赤いニキビなら自分で出すのも可能ですが、その時は最初に抗菌作用のある薬を綿棒につけて患部に塗ります。
次にコットンで血が止まるまで押さえてから、2本の綿棒で患部を挟み込むように押して芯を出せばOKです。 この場合は、爪で刺激して芯を出さないように注意。髪の毛は顔に触れるとダメージを起こすこともあるので、整髪剤をしっかりつけている人は特に注意が必要です。 前髪や横髪ができるだけ顔に触れない髪型をしましょう。洗顔料の洗い残し、特に顎やこめかみは十分にすすぎしましょう。 背中やお尻はシャンプーの洗い残しがニキビの原因になることもあるのです。
亜紀 30後半

わずか3分から実践できて
翌朝には違いが分かる
桜井式ニキビ改善法パッケージ