ピアノ・エレクトーン・防音室に関する記事作成依頼

最近、家電量販店では電子ピアノをよく見かけます。電子ピアノとは、電源を入れて仕様するピアノのことです。
エレクトーンとの相違点は、エレクトーンは弾いた時の音が色々選べますが、電子ピアノは弾いた時の音がピアノがメインとされています。またエレクトーンは、足のペダルでも演奏できますが、電子ピアノはピアノと同じような働きしかありませんので、その点も違いますね。
では、普通のピアノと違う点はなんでしょう?
ピアノと電子ピアノとの一番の違いは、やはりヘッドホンをして演奏出来るという点です。ピアノを弾く時には防音室でないと音が外に漏れてしまうため、時間帯を選らばなければなりません。電子ピアノはヘッドホンをして演奏できるので、防音室でなくても時間帯を選びませんし、好きなだけ自分の苦手なパートも練習出来ます。
そして重量も電子ピアノの方が軽いので、置く場所には困りません。
では電子ピアノの方がピアノよりも良いか、と言えばそうではありません。ピアノと電子ピアノ、両方を弾けばわかるのですが鍵盤の重さが全く違います。なので音の重さも変わってくるわけです。
もしもコンクールなどに出場される方でしたら、本番のためにも電子ピアノでの演奏は避けた方がいいかもしれません。
似た楽器でも用途によって選択肢は様々ですね。ピアノが上達し弾ける様になる為に一番大切な事は心から弾きたい曲を弾くことだと思います。