あがり症の克服に大事なプラス思考になるには比べることをやめよう

  • 2014年7月17日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考は私にとってすごく大事です。

プラス思考のような考え方になりたいなら偏りのあるマイナスな思考なんかをチェンジさせるようにすることが意味のあるなんです。

マイナスな思考をする人間がよくする悪い決まりと際立つことは他の人か周りの人と比較してしまって「秀でている人が妬ましい」とネガティブな考えをに流されるのです。

仮に友人が結婚するといったことを伝えてきたとき友人としてのあなたどう思った?口から出る言葉は「結婚おめでとう!」とお祝いいても本当は「幸せになって欲しいけどアタシに気になる人もいないし結婚出来るのかが眠れない+A48」などこれらの心配的なものを心に持ったりいませんか。

今お伝えしたような消極的な思考であるのでこの自分自身と区別して悪いように考えるしちゃうようなことを終了にして楽観的な思考の人間になっていくでしょう。

ぶっちゃけ比較するべきものではなく区別できる思考が必要なのです。

自分には自分自身の強みがあり相手には相手の長所があり比べられない個性があるということを正確に理解する大事なことなのです。

幸せになる為のプラス思考もマイナスな思考も、いずれにしても「当たり前になってしまった」なのです。

明るい思考が癖になってる人はどんなことになっても積極的に考えて後ろ向きな思考クセになっている人は良くない方に考えるようなシステムが完成しているのです。

一例としては友人のおめでたいニュースや仕事で成功した場合は「なんで私だけ・・・」と思わずに、「私にもできる」という思いや見解を高めることを癖にしていき、それが定着したら明るい思考になります。

友人の幸せと自分自身の幸運、どっちが幸運か不幸か比べてみても永遠に終わりません。

楽観的な思考の人は幸福感を人と比べません。

幸せってこのことだな。

「自分は自分、人は人」その気持ちがあれば平気です。

これ以降は区別して比べることをやめて、おのおのが「磨けば光る個性」なんだってリアルを思いあって尊重ませんか。

そのようなことでポジティブ思考に徐々に近づいていくようになるでしょう。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。