【借金相談はコチラ】過去に200万円近くの借金があった時に債務整理をしました。借金問題は1人で解決できません!債務整理で人生を立て直す方法とは?

こんにちは菅原です。

実は、私自身も過去に200万円近くの借金があった時に債務整理をしました。債務整理をしてスッキリした経験があります。今振り返ってみれば、本当に債務整理をして良かったと思います。そのことを書いていきます。

当時は私自身本当にいい加減で、まるでドラえもんのポケットからお金が自由に出てくるような感覚に陥って4社からお金を借りていました。その結果、支払いに追われ、毎月45000円ほどだったと思いますが、支払いに苦労しました。車のローンもあり、他にも支払いが多かったので、給料だけでは精一杯でした。

しかし「借金は自力で返すのが筋」と思い込んでいたので債務整理は絶対にしないぞと思っていたのですが、ある時考え方が変わったので債務整理をしました。その時に過払い金などもあり、返済する金額も減り、毎月の支払いも少なくなり完済しました。

それに懲りて今は借金は絶対にしないようにしています。もし借金することがあったとしても、ちゃんと計画的に支払いをしていくと反省しました。

もし、あなたも借金で悩んでいるのでしたら、負のループの悪循環を断ち切る為に弁護士さんのお力をお借りすることをおすすめします。私は弁護士さんのお力を貸していただき本当によかったと今でも思います。

借金問題は1人で解決できません!債務整理で人生を立て直す方法とは?

世の中には、見た目には分からないですが、深刻な借金問題を抱えている人がごまんといると言われています。きっと今、この文章を読んでいる方の中にも、誰にも相談できない程の多額の借金を抱えて苦しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?借金返済の事で頭がいっぱいになると、仕事をしていてもプライベートでもいつも借金の事が頭から離れず、生活そのものを楽しむ事ができなくなってしまいますし、夜も寝付けず精神的にも肉体的にもどんどん追い込まれてしまいます。そして、借金を膨らましてしまった方のほとんどが、その借金を誰にも知られずに自分の力で完済したいと言う思いが強いのも、自分を追い込んでしまう原因の1つと言えるでしょう。借金の悩みを誰かに話せば少しは楽になると分かっていても、お金の事だけは例え家族であろうとなかなか相談できないものですよね。

しかし、どれだけ一人で悩んでいても借金問題だけは時間が解決してくれるものではありませんし、なかなか解決できないのが現実です。ある程度膨らんでしまった借金は、収入が急に増えたり宝くじにでも当たらない限り一気に減らす事は難しく、特に自分で把握できない程の借金と利息が重なってしまった場合には、返済をなんとか期日までに間に合わせていたとしても、なかなか元金が減らないですし、中には借金を返済する為に再び新しい消費者金融やカードローン、クレジットカードのキャッシング等に手を出してしまい、新たな借金を増やす自転車操業をやってしまうケースも後を絶ちません。こうなってしまった場合には、いずれか多重債務を抱えてしまう事は目に見えていますし、自力でそこから抜け出す事は難しいと言えるでしょう。

しかし、返済の目処が立たない、先の見えない借金を抱えてしまっても、実は法的な手続きできちんと解決する方法があるのをご存じでしょうか?実は、借金で苦しんでいる方にとってこの仕組みを知ると知らないでは、今後の人生に天国と地獄の差がつくと言われています。まず、借金が減額されたり帳消しになることで、信販会社から送られてくる請求書や電話もピタッと止まりますし、毎月返済する金額が減額されたり返済義務が無くなれば、もうこの先は借金の取り立てや支払いに怯える事の無い、普通の日常生活を取り戻せるのです。借金から精神的に解放された時の事を想像されるとお分かりになると思いますが、精神的な安らぎがまず得られます。そして、借金によって奪われて来た日々を取り戻すと言う事は、何ものにも変えがたい時間を過ごす事が出来るのです。

たとえ自分の計画性の無さで作ってしまった借金であったとしても、誰もが初めからここまで借金が膨らんでしまうと想定していた訳ではありませんよね。これまで借金返済の為に真面目に働いてきた方でしたら、必ず元の生活に戻る事ができます。一生一度きりの人生、誰にでも失敗はありますし借金問題は恥ずかしい事ではありません、誰にでも起こり得る事ですから、もう一度人生をリセットするつもりで問題を後回しにせず、できるだけ前向きに解決される事をオススメします。

多額の借金問題を解決できる法律に基づいた方法とは?

実は、借金を自分で抱えきれなくなってしまった場合には、法的手段で正式に減額したり帳消しにできる「債務整理」と言う方法が一般的に取られています。そして、この債務整理には、借金の金額や返済能力によって幾つかの種類に分かれています。勿論、債務整理をするにあたっては、書類を書いたり裁判所に出向いたりと、順番に手続きが必要になりますが、右も左も分からない方でもちゃんと手続きが行える様に、弁護士や司法書士に相談したりお願いする事もできるのです。文章を読んでいるだけだと、弁護士や裁判所等、普段生活の中では縁の無い言葉ばかりが登場するので、少し身構えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、年間にこの方法で借金を整理される方は、個人レベルから会社を倒産してしまった経営者の方まで借金の額に関わらず、相当な数に登ると言われています。

きっと、テレビ等でも大きな会社が倒産して、その会社の代表が自己破産申請を申し立てたと言う話を1度位は聞いた事があるのではないでしょうか?そこで登場する「自己破産」も実は、債務整理の1つの方法なのです。自己破産は債務整理の中でも、一気に借金の返済義務が無くなる事で一般的に知られていますし、最も耳にされる機会も多いかと思います。まず「破産」なんて聞くと、とてもネガティブなイメージを持たれるかもしれませんが、自分では払いきれない巨額の借金を背負ってしまった方にとっては、まさに救いの神とも言える法的制度なのかもしれません。自己破産は勿論、個人の借金でも申請する事が可能です。借金の金額に関係無く、個人が借金の返済能力を失ってしまった場合には、自己破産等の債務整理の制度を利用することで日常生活を立て直す事もできるとあって、最近では若い年代の方でも気軽にインターネットから、債務整理の無料相談をされる方も増えているそうです。

特に、会社レベルの莫大な借金になりますと億単位と言うケースが多いので、弁護士に相談して自己破産をされる事はとても賢いやり方と言えるでしょう。自己破産に関してネガティブなイメージが拭えないのは、まだまだ間違った情報や都市伝説的な噂が飛び交っているからと思われます。それについてはまた説明させて頂きますが、きちんと自己破産について知り、債務整理についても正しい理解をすれば、それほどネガティブな選択ではないという事がお分かりになるでしょう。では、債務整理にはどの様な方法があるのか?デメリットはあるのか?分かり易く説明していきたいと思います。

債務整理の種類とそれに伴うデメリットとは?

債務整理には大まかに「任意整理」「民事再生」「特定調停」「自己破産」等、4つ程の手段に分けられます。そして近頃テレビやラジオで聞かれる様になった「過払い金返還請求」と言う方法も注目されています。借金を抱えている方にとって一番気になるのは、いくら債務整理によって借金が整理されたとしても、これらの法的手続きによって起こるデメリットの部分かと思います。やはり借金をしてしまった事で失ってしまうものと言えば、信用の部分になってきます。信用と聞いてお金を借りた事のある方ならピンと来る方も多いでしょうが、簡単に言えばお金を借りる時に「この人にお金を貸しても返済能力があるのか」という部分になります。債務整理を利用した場合には、法的手続きにより個人の過去の借金情報も全て、信用情報機関に流れて行きますので、やはり信用に傷がついてしまう事は避けられ無いでしょう。

信用に傷がつけば、当然ですがどんな金融機関でも簡単にはお金を借りられなくなってしまいます。その人が、どの程度の借金を以前抱えていたのか、お金を借りる時に即座に調べられてしまいますので、年齢や職業によって条件は変わって来ますが、債務整理をされた方のほとんどが直ぐにはクレジットカードを作れなくなった、以前借金をした信販会社からお金を借りられなくなったと言っているのを耳にするのです。これが巷で言われるブラックリストと呼ばれるものになりますが、実際にその様なリストが存在するのか謎に包まれていた時期もありましたが、現在では弁護士事務所のホームページを確認すると、債務整理を利用された場合にはブラックリスト入りは避けられないとされていますので、ブラックリストは存在します。

昔は、ブラックリストに乗ったら一生借り入れが出来ない、クレジットカードも作れないし使えなくなる、日本から出られなくなる、就職も難しくなる等の都市伝説が一人歩きしてしまったので、ブラックカードは怖いと言ったネガティブなイメージがついてしまったのでしょう。実際には、一生借り入れができなくなるかと言えば、そうではありません。債務整理の方法によってそれぞれ5年~10年間借り入れのストップする期間が決められており、それをクリアすれば新たにクレジットカードを作れる事もあるのです。ただし、1度債務整理された方でしたら、借金ができる場所を作ってしまうと再び同じ失敗を繰り返してしまう可能性がありますので「知らぬが仏」の情報かもしれませんね。

過去に債務整理をされた方の中には、しばらく借金生活から解放されて大人しく普通の生活を送っていたところに、突然「お金に困ってませんか?うちの会社ならお金を貸す事ができますよ」と携帯電話に直接電話がかかって来た方もいるのです。そう言った場合、過去に法外な利息でお金を貸し付けているサラ金業者に手を出した事があったのでそれが原因となり、電話番号等の情報が何処かから漏れていたのかもしれません。当然、そんな怪しい電話の誘いに乗るわけなどなく電話を切ったそうですが、債務整理が必要な程の借金を怪しげなローン会社からされていた過去があれば、この様な怪しい業者からの誘いが、突然やってくる事も注意しておいた方が良いかもしれません。

債務整理による家族への影響は?仕事に復帰できるのか?

時々、自己破産した人が、戸籍に傷がつき結婚出来なくなった、職場をクビになった等のあり得ない情報を見かける事がありますが、自己破産したからと言ってそんな事はまずありえません。ただし、債務整理の中でも、最もデメリットの多いとされる自己破産においては、ほかの方法よりも色々と制限される事も多くなりますし、現在手元にある家財道具、持ち家、車に関しても差し押さえの対象になってきますので、家族に影響が全く無いという訳にも行かないのかもしれません。例えば夫が自己破産した場合には「夫婦別産制」と言って、結婚する前にお互いが既に持っていた財産については別として守られます。では、車や持ち家等、夫名義の財産を自己破産前に全て妻の名義に変えてしまえば良いのか、と誰もが思いつきますが、それに関しても妻が専業主婦である場合には夫の収入によって築いた財産とみなされて、差し押さえの対象になってしまう可能性が高いのです。夫、妻の預金に関しても同じですので、それに関しては裁判によって守られる財産はケースバイケースと言えるでしょう。

家族への影響を危惧して、自己破産に踏み込めないという方はとても多いそうですが、やはりお子様がいらっしゃるご家庭ですと、より踏み止まってしまうのも無理もありません。しかし自己破産によってその情報がお子様の通う学校に通達されたり、受験に影響する事もありませんので安心して下さい。基本的に自己破産は破産申請者のみの問題と見なされますので家族の戸籍を揺るがす事はありません。しかしお子様が大きくなり、様々な場面で大きなお金が必要となった時に親を保証人に立てることが、一定期間はできませんのでそれは知っておいた方が良いでしょう。そしてもう一つ気になるのが、仕事への影響です。現在、働いている職場に自己破産をした事がバレてしまわないかと言う事ですが、それが公務員であっても絶対に情報が漏れる事はありません。基本的に自己申告しない限りは、現在の職に影響を及ぼす事もバイトの面接で知られる事はありません。それは配偶者の仕事やアルバイトに関しても同じです。

借金による適した債務整理の方法とは?

自己破産についてのお話が中心となりましたが、先ほどの説明にもありました様に、債務整理には様々な方法があります。それを、借金の金額、年齢、職業、返済能力等に応じて選択していく事になりますが、こう言った問題に関しては1人で決定して行く事は無いと考えておいた方が良いでしょう。まず、債務整理の中でも比較的早い段階での解決が見込める「任意整理」について説明していきます。任意整理とは、裁判所を通す事無く直接借り入れをしている金融機関へ、借金の返済計画や利息制限法によって、利息分の差し引かれた支払い金額を算出し直してもらったり、返済計画を立てる方法になりますが任意整理を行う場合には、詳細な借り入れの記録も必要となりますし、現在の所得を証明する書類も必要となってきます。そこに直接、金融業者との交渉となれば、ハードルは高いですよね。中にはヤミ金業者に借り入れをされている方もいらっしゃいますので交渉に関してはプロに任せるのが良いでしょう。まず、弁護士や司法書士に代理人になってもらい書類を揃えてもらった上で、金融業者に直接交渉をしてもらう事がベストでしょう。

任意整理後は、借金の取り立てが無くなります、これによって精神的な負担はかなり軽減されるでしょう。しかも、これまでの利息を含めた借金の金額は利息分ですが減額されますし、返済金額も毎月支払いが可能な金額に調整されますので、現在あちこちに借金はあるけれど、毎月の返済額が低くなれば払う事ができる、裁判所を通さず直ぐに解決したい、破産者になりたくないと言う方でしたら、最適な手段かもしれません。最近は任意整理に応じようとしない業者もあるようなので、そう言った場合には他にも解決策はありますし、弁護士と相談するのが良いでしょう。

次にサラ金等からの特定の借金があり返済が滞っている方が、破産寸前ではあるが金融業者との交渉次第では借金を減額して支払う事が可能である場合に、簡易裁判所が仲裁に入り借金を整理する方法が「特定調停」になります。ここでも利息制限法に基つ”き上限金利を減額します。そして差し引かれた残りの元本を、支払い可能な金額へと分割し滞りなく支払える様にする方法です。そして特定調停を利用するには、条件があります。まず、特定調停によって減額された借金が3年以内に返済できる事、そして返済をする為の継続した収入が見込める方に限られます。もしも特定調停で借金を減額できたとしても、支払う事ができなくなってしまった場合には、調停証書に従い差し押さえ等の強制執行が行われる場合がありますので覚えておきましょう。

最後は企業の倒産等で聞かれる事の多い「民事再生」ですが、基本的に資金繰りが困難になり、会社の債務が膨らんで経営が困難になってしまった場合に、この民事再生法が取られる事が多いです。民事再生法では、株式会社、有限会社、中小企業、個人事業主も利用する事ができます。基本的には法人の為の制度でしたが、2000年からは個人でも利用される様になったのです。個人の場合は、継続的な収入(決まった給与、自営業、農業等)がある事や、借金の総額が3000万円以下であることが利用の条件であり、原則には現在の借金額を100万円又は、5分の1にしてから分割して3年以内に返済を行い、残りの借金に関しては支払いを免除されるという制度になります。この方法を利用した場合には、自己破産とは違い財産を残す事ができますので、そう言った意味でも条件が当てはまる方で、借金問題に苦しんでいる方なら是非利用してみたい制度になるかと思います。

もしこの制度のデメリットをあげるとしたら、ローン途中の車がある場合には、ある程度お金を払い込んでいたとしても元々車の所有権を持っているローン会社に必ず車を渡さなければなりませんので、車を手放したくないと言う方は、他の債務整理方法を選択するのが良いでしょう。

味方となる弁護士に相談して債務整理を行おう!

これまで説明してきた債務整理ですが、人知れず借金に悩み頭を抱えて来た方にとって、債務整理の知識が無い中で細かい書類の作成や、金融業者との交渉をする事は専門家でもない限り難しいかと思われます。そこで味方になってくれるのが、債務整理を代わりに行ってくれるプロの弁護士です。弁護士と言えば、最近ではバライティー番組に出演している方も多いので何となく馴染みがあると思いますが、大変人間味のある方が沢山いらっしゃいます。長い間、借金で悩み精神的に苦しんできた方にとって、払えなくなった借金を整理する為に債務整理に踏み出す事は、本当にベストな選択なのか不安も多いと想像しますが、心配いりません。プロの弁護士はこう言った借金問題を何百件と解決しているプロなのです。相談をしたその日から、相談者の親身になり借金を1番良い方法で断ち切るお手伝いをしてくれます。

債務整理では頭の痛くなる様な細かい手続きも、自分で集めるのが困難な債務整理に必要な過去の債務履歴の収集等も含め弁護士がオールマイティに解決してくれます。そして、手続き中は担当の弁護士さんに任せておけば、もう借金問題に悩んだり怯える事も無く日常生活を過ごす事ができます。今は、債務整理の相談のみでしたらメールで無料相談のできる法律事務所もあります。できれば、誰にも知られずに行いたいのが債務整理ですから、メールでの無料相談は本当に助かりますよね。そこでお勧めしたいのが、全国対応、24時間365日受付、初期費用0円、秘密厳守の「弁護士法人Salute法律事務所」です。借金の悩みを持っている方の中には、家族には絶対に借金を内緒にしたいという方が多いですから、そう言った悩みを持っている方でも安心して債務整理を行えるのが、弁護士法人Salute法律事務所の特徴です。

弁護士法人Salute法律事務所での相談から債務整理までの簡単な流れ

弁護士法人Salute法律事務所では、無料相談の段階で相談者の現在の借金と資産状況等を総合的に判断して、弁護士が相談者にとって1番ベストな債務整理の方法を伝え、次に債務整理の方法を具体的に提案してくれます。驚く事に、弁護士法人Salute法律事務所ではここまでの初期費用は一切かかりません。借金を抱えている方にとって、ここまで具体的な債務整理のプランを無料で相談できるのは心強いかと思います。そして、いよいよ債務整理の開始ですが、例えば相談者に連日取り立てがあったとしても債務整理が開始すれば即日に取り立てはストップしますので、仕事や日常生活が普通に送れる様になるのです。借金によって普通の生活すら送る事が困難だった方にとって、それはこの上ない喜びでしょう。

そして、おそらく誰もが心配されている任意整理の費用の問題ですが、弁護士法人Salute法律事務所では着手料として債権者一件あたり39800円で引き受けています。また任意整理の成功報酬として債権者一件あたり19800円となっています。そこに減額報酬10%(債権者が主張する債務額の減額、免除された場合)がかかりますが、お支払いは分割も可能ですので借金のある方でも安心して依頼できますよね。他にも過払い金や、個人再生、自己破産と金額は状況によって異なりますので、詳しくは無料相談で担当の弁護士さんに相談されると良いでしょう。

さらに詳しい情報を知りたい場合には、スマートフォンにも対応した弁護士法人Salute法律事務所のホームページの最後に、名前、電話番号、メールアドレスを記入して、お問い合わせの欄から質問をする事も可能ですので、相談だけでも1度されてみるのもお勧めです。借金を整理する事は自身の生活を正常に機能させるでけでなく、精神的にも解放されますのでまるで目の前の霞がすっきりと晴れた様な気分を味わえます。これまで借金のせいで諦めてきた事にも挑戦できるようになりますし、人生を立て直すきっかけを与えてくれるでしょう。

人間は誰でも完璧ではありませんので、失敗する事もあります。借金を抱えてしまった事は辛く苦しかった筈ですから、きっと良い勉強になったかと思います。そして、借金によってどん底に思えた人生も、1つのきっかけで好転する事もありますので、まずは一歩踏み出してみましょう。現在、貴方が多額の借金に悩んでいるならば、勇気を出して弁護士にメールからでも相談してみてはいかがでしょうか。親身になって相談に乗って貰えますし、きっと前向きな解決策が見つかる筈ですよ。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)