澄肌CCクリームなら、日々のメイクで【UVケア】もバッチリ!

東京日本橋のコーセープロビジョン株式会社から販売されている1本で5役の「米肌 -MAIHADA- 【澄肌CCクリーム】」なら、日々のメイクで【UVケア】もバッチリ! 紫外線による「シワ・タルミ・シミ」などの肌の老化を予防して、若々しい肌をキープできます。
紫外線には、どんな種類があるのでしょうか? 紫外線を浴びると、肌はどうなるのでしょうか? 米肌は、どのように紫外線を防ぐのでしょうか? 紫外線による肌ダメージは、回復するのでしょうか?」、 そんな疑問に答えながら、「米肌で【UVケア】できるワケ」を紹介します。
1.紫外線の種類と肌への影響
⇒紫外線は、波長によって「UV-A/UV-B/UV-C」の3種類があります。この内「UV-C」はオゾン層で遮断されますので、実質肌の老化に影響を及ぼす紫外線は4月〜9月(7月に最も多い)に多くなる「UV-B」と、年中降り注いでいる「UV-A」の2種類になりす。
⇒夏の紫外線「UV-B」を浴びると、紫外線から肌を守るために日焼けの正体であるメラニン色素が生成されます。肌の新陳代謝が活発な内は時が過ぎるに連れ分解されてなくなりますが、年と共に代謝が衰えると蓄積されて「シミ」になってしまいます。
⇒また、常時浴びている紫外線「UV-A」は、肌を乾燥させることで角質層の細胞と細胞の間にあって肌の潤いに欠かせないスポンジ機能の細胞間脂質(セラミド)にダメージを与えます。細胞間脂質が減少すると、肌の保湿機能が低下して「シワ・タルミ」ができ易くなります。
2.米肌の【UVケア】効果
⇒米肌には業界最高値のサンスクリーン剤「SPF50+/ PA++++」が配合されていますので、紫外線から肌をしっかりガードします。「SPF50+」は紫外線「UV-Bによるメラニン色素の生成を抑え、「PA++++」は紫外線「UV-A」による細胞間脂質のダメージを防ぎます。
⇒また、お米由来の成分をはじめとした美容成分「米胚芽油・ノイバラ果実エキス・ダイズエキス」なども豊富に配合されています。これらの美容成分の働きで衰えた肌の代謝が活性化されることで、紫外線「UV-B」によって生成蓄積されたメラニン色素も分解され「シミ」がなくなります。
⇒更に、成分の米胚芽油には水分保持能の改善効果が認可されたライスパワーNo.11が含まれています。ライスパワーNo.11は、紫外線「UV-A」によってダメージを受けた細胞間脂質(セラミド)を再生させますので、肌の保湿力が改善され潤いが蘇り、乾燥の原因による「シワ・タルミ」が解消されます。
米肌は、紹介しました様に「配合されている業界最高値のサンスクリーン剤が紫外線をしっかりブロック、美容成分が肌の代謝を活性化させ紫外線で生成されたメラニン色素を分解、米胚芽油のライスパワーNo.11が紫外線でダメージを受けた細胞間脂質を再生」など、高い【UVケア】効果も兼ね備えた化粧品です。
コーセープロビジョンの1本5役時短美容でも人気の「米肌 -MAIHADA- 【澄肌CCクリーム】」、是非一度お試しください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)