女性に多く発症するバセドウ病の症状や治療法とは

女性に多く発症するバセドウ病

バセドウ病を発症する多くの患者さんは女性である事が多いです。バセドウ病を発症する患者さんは女性が80%と多くを占めており、残りの20%が男性になります。女性に多く発症しやすい病気と捉えられますが、男性も決して発症しないわけではなく女性に比べると少ないという事になります。

バセドウ病とは

バセドウ病とは、自己免疫疾患の一つであり甲状腺自己抗体が病因となっています。甲状腺とは、甲状腺ホルモンを作り、分泌する大切な臓器です。バセドウ病になると全身に様々な症状が現れるので、患者さんにとっては辛い思いをしてしまう人も少なくありません。

バセドウ病の症状とは

バセドウ病の症状には様々なものがあります。人それぞれ出て来る症状も違ったり、程度も様々だったりもします。まず、バセドウ病になると全身症状として暑がりになったり、多汗になったり、疲れやすくなったりします。汗については真冬でも暑くて汗をかいてしまう事もありますし、真夏だと噴き出すような汗をかいてしまう事もあります。空調が効いているところならまだ良いですが、外出先などで空調が効いていないところだとすぐに着替えたくなるくらいの汗をかいてしまいます。そして暑くて夜もなかなか寝付けなかったり、寝付けてもすぐに目が覚めてしまったりという事もあります。

それから消化器症状としては、軟便になったり酷い場合は下痢になってしまう事もあります。バセドウ病になると胃腸の働きが活発になるので、そういった症状が現れて来ます。それから精神症状においては、常にイライラしていたり怒りっぽくなったりして来ます。以前なら気にならなかった些細な事などにもイライラしてしまい、人に対して攻撃的になってしまう事もあります。それから集中力もなくなって来ます。何かをしていてもすぐにボーッとしてしまったり、目の前の事に集中出来なくなってしまう事もあります。

循環器症状としては、動悸や息苦しさなどが見られます。訳もなくドキドキしたり、何もしていないのに鼓動が速くなります。バセドウ病は常に心臓が活発になっているので、マラソンをしている状態になります。その為、息苦しさを感じる事も多く、脈拍も速くなります。それから、手脚の症状としては手指が震える事もあります。そして筋力の低下もあり、物を落としてしまったりする事もあります。

そしてバセドウ病になると食欲が旺盛になります。すぐにお腹が空いてしまい、沢山物を食べるようになります。そして物を沢山食べているのに代謝が活発になるので、ダイエットをしていなくても体重が落ちたりするようです。また代謝以上に食べ過ぎると体重が増えるという事も見られます。女性の場合は月経周期も乱れ、月経が少なくなったり、無月経になる事もあります。これらの症状が出ていたら、バセドウ病の可能性もありますので、医療機関にかかる事が大切です。

何科を受診すれば良いか

バセドウ病かな?と思ってもいざ病院に行くのは勇気が要りますよね。本当にバセドウ病だったらどうしようと不安になってしまうのも仕方がないと思います。それからバセドウ病かもしれないと思っても何科を受診すれば良いか分からない場合も多いと思います。バセドウ病かな?と思ったら、内分泌内科を受診すると良いでしょう。近所に内分泌内科がなければ内科でも良いので、一度受診をしてみるのをオススメします。バセドウ病は血液検査をする事により、診断がつきます。ですが健康診断の血液検査では甲状腺のホルモンは検査項目に入っていないので、職場などで健康診断を受けていても安心は出来ません。きちんと病院で甲状腺ホルモンの血液検査をしてもらう事です。内分泌内科では超音波検査で甲状腺にしこりがないかどうかを見てくれる事もあります。内科によっては専門医ではないので、バセドウ病だろうと疑わない医者もいると思います。そうなると病院を転々としたり、自律神経失調症などと誤診をされて一向に症状が良くならない事もありますので、内科を受診する時に自分から甲状腺ホルモンの検査をして欲しいとお願いをするのも良いと思います。それから個人病院などは内分泌内科であっても、血液検査の結果が出るのに一週間近くかかる事もあります。結果が出るまでそわそわしてしまったりそんなに待てないという場合は、総合病院など大きめの病院に行くと良いと思います。総合病院ならその日に血液検査の結果が分かる事も多いですし、なおかつ内分泌内科でしたらそのまま治療を始める事が出来ます。

バセドウ病の治療法とは

バセドウ病には3つの治療法があります。まず一番最初に行う事が多いのが、薬物による治療です。抗甲状腺剤を飲んで過剰な甲状腺ホルモンを抑えます。それからアイソトープによる治療があります。アイソトープによる治療は、アイソトープが入ったカプセルを飲んで、甲状腺細胞を減らしていき、甲状腺ホルモンを正常化していきます。そしてバセドウ病は手術をする事もあります。バセドウ病の手術では、甲状腺の一部分を残しながら甲状腺を切除し、甲状腺ホルモンを正常化させます。

治療を始めれば日常生活も正常に送れるようになる

バセドウ病の治療を始めるまでは日常生活に支障が出ていた場合でも、治療を始める事により健康な人と変わらないぐらいに正常な日常生活を送れるようになります。バセドウ病は放置しておくと最悪、心筋梗塞や呼吸困難に陥ってしまう事もありますが、治療さえしっかり行えば元気になれるのでバセドウ病かな?と思ったら、すぐに受診する事をオススメします。