海外で活躍する看護師として働く方法

海外で活躍する看護師として働く方法

海外で看護師としてのキャリアをつむには、まずその国々によって看護師登録をしたり、その国で働く為の資格を取得しなくてはいけません。
もちろん、海外で働く気ならばその国での言語能力は必須となりますし、出て行っても恥ずかしくない技術を持っている事が前提となります。

例えば、イギリスはNMCと呼ばれる機関にさえ登録すれば日本の看護師資格(正看護師以上)だけで働けますが、アメリカではCGFNSと呼ばれる試験に合格しなくてはいけません。
CGFNSに登録するには、日本で高校や看護学校を卒業した事を証する証明書、そして有効な看護師資格を持っている事が前提になりますから、看護学校に在籍中の場合や准看護師は受験出来ません。
色々大変ですが、実現すればそれぞれの国で正看護師として働く事が出来ますし、永住権を取得する事も可能になりますよ。

さて、海外で看護師として働きたいという方の中には、特に医療が発展していない途上国での看護に興味があるという方が少なくありません。
日本で培った技術を活かし、まともな医療を受けられない人を看護したいという思いを持っているのには感服します。

そういった方の多くは、

・日本赤十字
・世界緊急援助隊
・海外青年協力隊
・国境なき医師団

といった支援活動団体に登録する事が基本のようです。
その為、海外派遣という形で活躍する看護師は増えており、中には日本の病院で海外研修制度と呼ばれるキャリアアップ制度に参加する方も少なくありません。

もちろん、現場が現場なだけに衣食住が劣悪な場合もあり、逃げ出したくなる事もあるかも知れません。
でもそれだけに、感謝は医療が充実している日本に比べて尽きない事もまた事実。自身の実力を試すとともに、看護という仕事に対してとても大きなやりがいを感じれる現場である事にも間違いはないといえるでしょう。

看護士求人サイトにはそれぞれの特徴、個性がありますので、興味ある方は「看護師の求人・転職・派遣」も読んでみて下さい。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)