兄弟にあげる引っ越し祝いの相場って?プレゼントするなら何がいい?

「引っ越しました〜」の報せを受けた時、一番最初に浮かぶのはご祝儀などのお祝いだと思います。
形としては現金、ギフト券(一部地域だけでなく全国区の百貨店が望ましいです)、プレゼントといったものがありますが、引っ越し後は家具の新調など何かとお金がかるもの。そう考えるとやはり現金が一番理想的なのではないでしょうか?
引っ越し祝いの相場は、親ならば3〜5万円、もしくはそれ以上と気を張る方もいるかと思いますが、兄弟ならばお互いに遠慮や恐縮をさせない為に1〜3万円ほどが妥当。
基本的に、身内であっても目上の人にはあまりあげすぎると逆に失礼にあたるといわれています。
10万円を越す人もたまにいますが、相手が恐縮してしまい何か裏があるのではないかと勘ぐってしまうので、その辺は常識の範囲であげた方がいいでしょう。
また、家庭によってもその相場は結構変わります。特に義兄弟にあげる場合には悩みますよね。
その場合、以前自分が貰った“結婚祝い”や“出産祝い”はどうだったかなどを踏まえ、無理のない程度にあげるのが無難でしょう。
実兄弟の場合は、親や違う兄弟に相談してみるのも1つの手。家庭内ではあげなくていいとかも中にはあるので、変な抜け駆けに見えないようにしたいものです。
熨斗の書き方は、新築の一戸建てを購入したのか、マンションを購入したのか、はたまたただ引っ越しをしたのかで書き方が変わるのでそこだけ注意。
例えば新築一戸建てを購入したのならば、“祝新築”や“新築之御祝”などで、マンションの購入ならば“新居御祝い”などが良いですし、引っ越しただけならば、“引っ越し祝い”で平気です。それでもはてはて…となれば“御祝い”と書くのが安全牌だといえるでしょう。人によってはお金を貰うのを嫌がる方もいますね。
その場合はプレゼントだけにしてみたり、ご祝儀+プレゼントという形にしてみるのもいいと思います。
プレゼントをあげる場合、インテリアは個人差があるのであまりおすすめしません。
観葉植物も人によっては手間がかかって嫌だという場合があるので、その人が好きかどうか事前にリサーチするといいでしょう。
また、引っ越し祝いのプレゼントで御法度なのが、赤いものや灰皿といった火を連想させるものです。
この辺にもぜひ注意していただきたいので、もし相手の趣味がいまいち分からない、値段の分からないものにしたいというのならばギフトブックにしてみるのも1つの手なのではないでしょうか?
何はともあれ、要はプレゼントする側の気持ちが大事になります。
額はどうあれ、手紙を入れたりするだけでも受け取る側の気持ちは変わると思いますよ。感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓