K-POPの特徴

韓国の音楽も多くのジャンルに分かれ、それぞれオリジナリティを持った音楽活動が行われているようです。中にはトロットという日本の歌謡曲に相当するものもあり、かつて来日して日本で演歌を歌う歌手もいました。互いに似ている要素を持っているようですがこれはひょっとすると韓国の発祥ではなくて日本が残して来たものかもしれないと思ったこともありました。北朝鮮での音楽動画を見ても似た要素があるので歴史を遡ると同じようなところへたどり着くこともあり得そうです。深夜にラジオで聞いた経験からいうと言語は判りませんが韓国・北朝鮮・中国以外の他の国でよく似た音楽要素や曲調を持った国があると感じたことがあります。
K-POPもヒップホップやラップミュージック、ロック、R&B、カントリー、ジャズやワールドミュージック、色々あってアメリカのヒットチャートを賑わすアーチストに紛れ込んでも違和感のないぐらいに一体化し普遍性を持って来ているように見えます。韓国の場合は影響を受けるというよりは学習し、分析して即その場で活用するということが行われているようで、研究を即実践に活かすような独自のものが作りあげられているという感じを受けます。
音楽は言葉が判らなくてもどこの国へも入って行けます。しかも著作権ビジネスと考えると効率的な商売の方法かもしれません。K-POPも中にはその国や地域のリサーチを行いそれに従った曲作りも行われているようです。1曲ヒットすると困らないぐらいの収入になるのかどうかは定かではありません。又、音楽以外の多くの分野へも進出できるので、案外こういう事情もあって韓国においては人気のある職業の1つになっているのかも知れません。
K-POPの特徴として低音部の音域とリズムを強調するような際立ったものが見られます。これは大手電気メーカーの最新の音響技術でもってそれを可能にしていると思われるフシもあってアメリカやヨーロッパよりも際立って見えるぐらいです。ビートの強調はかつて民俗舞踊団のストリートパフォーマンスを見たことがありましたが、数人で踊る剣の舞などの舞踊では太鼓の音を聞いたときに日本にはない大陸の響きを感じたものでした。低音部については歴史的に元々そういう音感が根付いて来ているのかもしれません。日本の場合だとJ-POPに和太鼓を取り入れてもロックとしてもさほど新鮮さは感じられないと思われます。
リズムも相当研究の後が見られます。毎回楽曲作りでは似ているようでも編曲面では常に変化が感じられ、同じものの繰り返しでは飽きられる可能性があるのはどの国でも同じだと思われます。同じアーチストでも毎回曲調や衣装、振り付けやダンス、化粧に至るまで変化をもたせ、工夫が凝らされているのが感じられます。色々なパターン、表情を活用して常に変化を意識させてワクワク感を与えてくれるのが特徴になっています。
MV作りにおいてはよく曲の特徴やアーチストを理解し、カメラレンズの向く先がアーチストの魅力を最大限に捉えるという方法で、かつ一瞬一瞬を大事にするということが見て取れます。従ってどこで静止画にしても様になるという芸術感さえ感じますがこれはプロカメラマンの力量とも言えると思われます。
音楽においてはコーラスを含めて音程が一致することは1つの価値であり重要なもので、欧米人はライブにおいても練習の賜物か常に安定しているように見えます。CDだけで終わることなく多くの場合ライブパフォーマンスを見せなければならないことも当然出て来ます。バック演奏は以前は生演奏に歌というのが普通に行われていましたが、最近のK-POPでは録音の音源に振り替えることで一定の安定性が作り出されているとも言えます。コーラスの部分や歌詞の一部も録音で行えるようになってやりやすい面も持っています。反面、激しいダンスや複雑な振り付けを伴いその状態で歌うこと、自ら感情移入すること等の場面で安定性をもってパーフォーマンスを披露することは中々難しい面を持っていることも事実です。
日本はアジアの東端にあって米国の影響を多くの部分受けているとされています。音楽面では韓国はユーラシア大陸の東端にあり、ユーロ圏と地続きであり、且つ米国の音楽の研究もよく成されていると言えます。音楽も一定の規則に従って制作され、管理も行われているようで一種の統一感さえ感じられます。最近は米国の音楽が60年代から較べると多様化していて空白化のようなものを感じることがありますが、韓国は最近は米国と同等かより進化して来ているのではないかと感じることもあります。
感謝されながら稼ぎるつけるビジネスをつくり、ビジネスの価値提供の楽しさや魅力を知りたいですか?
今なら無料で購読できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。