バストアップをするために必要な皮絡リンパとは一体何なのか?

バストアップをするために必要な皮絡リンパとは一体何なのか?

◆最新作◆皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修「HIRAKU UP」(ヒラクアップ)

ヒラクアップのDVDを観ながら、2015年12月30日時点では、座学で学んでいる状態です。
はじめにバストの構造やメカニズムなどをしっかりと理解した上で実践すると、より効果が期待できるのではないかと思い、リンパマッサージやケアなどのプログラムは、まだ行っていません。

今回は、ヒラクアップで重要な「皮絡リンパ」とは一体何なのかということについてですが、皮絡リンパとは、皮膚に近い部分にあるリンパのことをいいます。ヒラクアップでは、経絡に関わる連絡部である経筋や皮部、絡脈という孫絡・浮絡などの皮膚に近い部分である皮絡リンパを刺激することによって、経絡につながるようにストレッチや振動、ほぐしなどでバストにアプローチをしていくということです。また、陰陽五行のバランスを組み立て、バストに関する経絡を基準とした皮絡リンパ技術を応用しているそうです。

リンパマッサージを行うと、リンパの滞りが改善され、体内の老廃物が体外に排泄されますが、バストに関してもバスト周りにあるリンパの滞りがバストの成長を妨げる一因になっているようです。リンパの滞りがあると、必要な栄養素などが必要な場所まで行き届かない状態になっているので、リンパの滞りを改善することでスムーズなリンパの流れになっていきます。

「ヒラクアップ」では、バストアップを成功させるには、正しい知識をもつことが必要であるということでした。
DVDでもはじめのほうでは、バストに関する正しい知識を学べるようになっています。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)