あがり症の克服に大事なプラス思考は比較しない思考

  • 2014年7月17日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考ってどう思いますか?人生においても恋愛においても大事だと思います。

明るい思考といった風な考えになるようにするには極度の消極的な思考に傾いた考え方をチェンジさせる行為がとても大事なことです。

ネガティブな思考な場合の常用的なあまりよくない習慣といったことで特有的なのは他の人もしくは自分自身と比べてみてしまって「自分は幸せではない…」などと消極的な考えをに陥って日々を過ごすなのです。

もし、周りの人が結婚するなどを報告されたら貴女ならどう思いますか。

表面上では「オメデトウ!」と嬉々としても胸の内では「おめでたいけど私には彼氏なんて身近にいないし結婚出来るかどうか考えると辛い…」などと、こういった落ち込む感じ的なものを心で感じたりしてるのではないでしょうか。

こんな感じのネガティブな思考であるからしてこれらといった天秤にかけてよくないようにマイナスに解釈したりすることなどなどを改善するといい考え方をすることができる人間になるのである。

本当のところ比較するものではなく区別が肝心です。

自分には自分自身の立派なところがあり他人には他人のいいところ比べられない性質があるがあるという現実を100パーセントの納得をする必要があります。

ポジティブ思考もしくは暗い考えなんかは、本当のところ「常用癖」で決まります。

楽観的な思考が決まってしまっている人はどんなことでも積極的に考えて後ろ向きな思考当たり前になってしまっている人マイナスに捉えるような思考が生まれるのです。

例えばの話友達が結婚を決めたり、仕事が評価された場合は「私は友達と違って不幸だ…」と思うのではなく、「私も友達と同じように幸せになれる」という考えや見解を増やすのを習慣にしていき、定着していけば楽観的な思考になる。

人の幸運と自分自身の幸福、より幸福なのはどっちかなんて思考は永遠に終わりません。

ポジティブ思考の人は自分の幸せを他者と照らし合わせたりしません。

ありのままで幸せ。

「自分は自分、人は人」その考えを抱いていれば大丈夫です。

今からは自分と他人との違いを認め比較はせずに各自が「素質のある個性」である真実を認めてお互い尊敬してし合いませんか。

実践していくとプラス思考になるでしょう。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。