夫とのセックスレスを解決する方法!すずね所長の寝室問題一発解消講座で解決!

もうセックスレスで悩まない!
すずね所長の寝室問題一発解消講座

セックスレスの夫婦とは

この世の中にセックスレスに悩む夫婦は大変多いと言われています。セックスレスとは、夫婦になった男女が子供を授かったり親の面倒を見るうちに、お互いの役割が男と女から同志や運命共同体の様な関係にシフトチェンジしていく事から、夜の営みに対して積極的で無くなり、セックスの回数が極端に減る(セックスレス)が起こると考えられています。セックスレスの夫婦はセックスはおろか、スキンシップ自体も少なくなりますので、気が付いた時にはパートナーの体に数ヶ月もの間指一本も触れていない事も珍しくありません。特に結婚してから3年目を過ぎた辺りや、妻の妊娠をきっかけにセックスレスに陥る夫婦が多いと言われています。

セックスレスの期間定義はある?

セックスレスには期間定義はあるのでしょうか?世間一般では一定期間(一か月以上)セックスをしていない夫婦はセックスレスとみなされています。また、何をきっかけにセックスレスに陥り易いかと言えば、やはり妻の妊娠や出産と言われています。妊娠中にセックスをしてはいけない訳ではありませんが、女性は本能的に妊娠中のセックスを避ける傾向にあります。また、母体への影響を考えて、自然とセックスに至らない夫婦も多いのです。妻の妊娠中に浮気に走る男性が多いと言われるのも、やはりセックスレスとの因果関係が深いと考えられるでしょう。

セックスレスは話し合いだけで解決できるのか?

もしセックスレスに陥ってしまった時、解決の方法として話し合いは効果的なのでしょうか?実はセックスレスについて話し合った夫婦が、セックスレスを解消できたと言う事例は極めて少ないのです。もちろん夫婦何でも話し合える関係は理想的かもしれませんが、例えば身体的な理由(男性のED、病気、疲労、ストレス、心の病などによりセックスが物理的に不可能な状態)でセックスレスに陥っていない場合、面と向かってセックスと言うデリケートな問題に踏み込んでいくのは、逆効果を生む可能性があります。男性と女性は性質が全く違う生き物である事を踏まえて、慎重に解決策を練っていきましょう。

セックスレスは女性が原因?

女性のライフスタイルが結婚をきっかけに変化する事も、セックスレスの原因として考えられています。特に妊娠、出産、子育てによって女性を取り巻く環境は大きく変わります。まず、ホルモンバランスが大幅に変動する出産後、女性の脳内は自然と育児モードに切り替わり、旦那さんよりも子供中心のライフスタイルにシフトしますので、1人の女性から1人の母としての自覚が強くなっていくのです。また、24時間育児に追われていますので、空いた時間くらいは1人でゆっくり休みたいと感じる事が多くなるでしょう。男性も奥様にセックスを拒否されてしまうと次が誘いずらくなり、気が付いた時にはセックスレスに陥ってしまう事も珍しくありません。

産後のセックスレスは夫婦の危機?

産後にセックスの回数が極端に減り、セックスレスになってしまう夫婦は大変多くいらっしゃいます。産後は女性にとっても人生の大仕事を一つ終えた安堵感と、やっと誕生してきた赤ちゃんに対して母の愛情に溢れ、大きな幸せを感じる事ができる時期になるでしょう。しかし、奥様の妊娠をきっかけにご主人が性欲を自己処理する事が習慣になってしまったり、お互いが夫婦のコミュニケーションを必要としなくなってしまうと、夫婦であっても男性と女性として意識しなくなってしまいます。そこで、セックスが難しい状態であってもスキンシップできる時間をマメに持つ事が、夫婦の危機を避けるポイントの一つになってくるのです。

新婚セックスレスを解消する方法

新婚夫婦であってもセックスレスになってしまう事があります。その理由の一つは、人生を共にできるパートナーを得た事による安心感と、共同生活を送る上でお互いの緊張感が無くなり、新鮮味を失ってしまうからと考えられます。新婚セックスレスを解消するには、女性は家の中でも独身時代の恥じらいを失わない事や、お互いがべったりし過ぎない事が大切になってきます。例えば、ゲップやおならをパートナーの前でしない、お風呂上がり等に裸で歩き回らない、旦那さんを子供扱いしない、夫婦で一緒に行動し過ぎず単独行動の時間を持つ事等が、夫婦の新鮮さを保ち新婚セックスレスを解消できる大きなポイントになるのです。

もうセックスレスで悩まない!
すずね所長の寝室問題一発解消講座

旦那(夫)に拒否されるセックスレス妻

旦那さんに拒否されるセックスレス妻が増加傾向にあります。その訳とは、古代から男性が持つ元々の性質はハンターであり、生理的に迫られる事を嫌う(プレッシャーと感じてしまう)からと言えるでしょう。旦那さんが仕事で疲れている時やセックスに対して積極的で無い時期に、女性からセックスを迫ったり「排卵日にお願いね」と子作りセックスを強要されると、逆に萎えてしまうのです。男性は性質上、リラックスしている時や仕事が上手くいっている時には、性欲も自ずと湧き上がってきますので、セックスレスについて深刻に話し合いをしたり、無理にセックスを迫るのは避けておきましょう。

妻の拒否でセックスレス?

妻の拒否によりセックスが遠のいてしまうご夫婦も少なくありません。健康な成人男性であれば性欲はありますので、女性を喜ばせる元気やエネルギーが十分に蓄えられている時には、妻をセックスに誘います。しかし、女性が育児、家事、仕事等の理由でその気になれない時、きつい言葉や態度で拒否してしまうと、男性は口に出しませんが精神的に大きなダメージを受けてしまうのです。妻に拒否された夫は、次を誘いずらくなってしまい自己処理が癖になってしまったり、最悪の場合には浮気に走ってしまう場合もあります。どうしてもその日にセックスが辛いと言う時には、夫を傷つけない様にやんわりとその訳を伝えて、可能であればオーラルセックスに応じる等、妻の愛情を示すスキンシップを欠かさない様にしましょう。

セックスレスを解消するには?

セックスレスを解消するには、夫婦であってもお互いが自分の時間を持ち、メリハリのある夫婦関係を保つ事がポイントになってきます。例えば、休日は独身時代の様になるべく2人で外に出かける、旅行やラブホテル等いつもと違う空間で寝泊まりする、リラックスしている時にキスや手を繋いだりとスキンシップを積極的に行う等、普段とは違う行動を起こしてパートナーに刺激を与えてみましょう。もちろん最初は避けられたり、びっくりされる事もあるかもしれませんが、少しずつスキンシップの時間を増やしていけば悪い気はしない筈です。自分からパートナーを誘ったり、スキンシップをした事が無い方ほど効果を期待できますので、セックスレス解消の起爆剤として是非試してみて下さい。

もうセックスレスで悩まない!
すずね所長の寝室問題一発解消講座

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ドクターズチョイス ファンガソープEX