血糖値を下げたい人!必見!血糖値の”上昇”を抑えるお茶ではない「ドクターズチョイス グルコティー」を実際に購入した人たちの口コミは?

血糖値を下げたい人!必見!血糖値の”上昇”を抑えるお茶ではない「ドクターズチョイス グルコティー」を実際に購入した人たちの口コミは?

血糖値が高いと言われると、食事制限や好きなものを我慢しなきゃいけませんよね。とても辛いことです。そこで、喉から手が出るほど欲しくなる「血糖値を下げるお茶」を試してみてはいかがでしょうか。

医療レベルの本格薬草(4種)が血糖値を下げてくれます。そのお茶は「ドクターズチョイス グルコティー」というものです。

一般的な血糖値を下げるお茶との違いは?

血糖値を下げるお茶の存在は知っていた。でも、何か違うの?と疑問を持たれる方もいるかと思います。その、ご説明をしますね。一般的な血糖値を下げるお茶は「血糖値の”上昇”を抑えるお茶」なんです。「上昇を抑える」ことと「下げる」ことの違いがあるのです。大きな差がありますよね。

先ほどお伝えした、医療レベルの本格薬草(4種)は、欧米の医療機関で昔から活用されている薬草です。詳しくは以下の画像を見て下さい。

血糖値の”上昇”を抑える」のではなく、「血糖値を下げる」効果がある4つの薬草(欧米の医療機関で昔から活用されている薬草)です。

血糖値を下げるためには

アメリカでは人口の3分の1が糖尿病(予備軍含む)で、日本は糖尿病人口が世界6位と血糖値の上昇は世界的な問題になっています。

血糖値を下げるためには、ランニングなどの有酸素運動をする事と食事は野菜から食べる事が重要です。有酸素運動は血液中の糖分を燃やしてエネルギーに変えるため、食事で上がった血糖値を下げてくれます。食事を野菜から食べると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。逆に、ご飯やパスタなどの主食から食べると血糖値は急上昇してしまいます。

血糖値を下げるための方法はありますが、運動はキツいですし、食事でそもそもたくさんの野菜を毎日食べる訳ではないって人もいますよね。血糖値を下げるのは難しいからこそ、「ドクターズチョイス グルコティー」があるのです。

グルコティーの成分

グルコティーに含まれるのは、ギムネマ、ゴーヤ、シナモン、ステビアなどの欧米の医療機関で昔から活用されている薬草です。

ギムネマの葉に含まれるギムネマ酸には、糖分の吸収を抑える働きがあります。甘い物が欲しくなる欲求を抑える働きもあり、糖分摂取を減らすのにもアプローチできます。臨床研究でもギムネマ酸の働きは証明されています。

ゴーヤの苦味はインスリンと似た働きをするタンパク質があります。インスリン注射だと低血糖になってしまう恐れがありますが、ゴーヤは低血糖にならず、血糖値を安定させてくれます。

シナモンはアメリカの糖尿病協会の学術誌で紹介された事があります。タイプ2の糖尿病にアプローチできたと明らかにされています。

ステビアは千葉大学の研究で糖尿病にアプローチできたとの報告があります。食事療法でも取り入れられている植物です。

グルコティーは自然界に存在する原材料を利用しているのが他社製品と違うポイントです。また、科学的に糖尿病との関係が証明できてる植物を選んでいるのもドクターズチョイスならではのこだわりです。

グルコティーの飲み方と注意点

グルコティーはティーパックなので、1つのティーパックにつき75度のお湯を240cc注いで飲みます。
1日に1~2回飲むだけなので、食事と一緒に飲む、休憩中に飲むなどをすると良いでしょう。

グルコティーの注意点は、空腹時に飲むと血糖値を下げ過ぎる恐れがある点です。糖尿病の薬を飲んでいる場合は、食前食後で血糖値を測るのが良しです。

実際に購入した人たちの口コミ

糖尿病が発覚し、1回に2つのティーパックを入れて飲んでいます。お陰で食後の高血糖がなくなりました。

血糖値が高いと言われていましたが、グルコティーを飲んでから健康診断で何も言われなくなりました。

糖尿病患者だけでなく、糖尿病予備軍もグルコティーで血糖値を下げていきたいですよね。グルコティーは飲む糖尿病対策方法でお手軽です。

「ドクターズチョイス グルコティー」

 

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)