離婚したあの人ともう一度結ばれたい…元サヤ婚のためにできること

離婚したあの人ともう一度結ばれたい…元サヤ婚のためにできること

【再婚に求められるのは自立】
一度は将来を誓い合ったのに何らかの理由で離婚することになった時、もう一度同じ相手と再婚したいと思うのであれば必要なのは「自立」です。
自立とは、精神的にも経済的にもある程度ひとりで生きていける力を持つということ。
再婚を望んでいるのにひとりで生きていける力をつける、というのは矛盾しているように感じるかも知れません。
しかし結婚というのは、お互いを支え合い助け合ってひとつの家庭を作り上げるもの。
一度は愛し合って結婚し、共に生活をした上で何かの問題にぶつかり離婚に至るわけですから、再婚の場合には初婚の時以上に「この人と一緒に居て、自分に何か困ったことが起きた時に頼ることができるのか」ということを相手は考えます。
つまりあなたが相手を頼りたいから・幸せにしてほしいから再婚したい、という思いだけでは難しいということです。
今度こそ相手を支え幸せにしたい、という思いを強く持つこと。
そしてその思いに見合う程度の自立した生活力を持つことが、復縁再婚には大事なことなのです。

【まずは外で会うことから】
諸手続きの話であったり金銭・家財の話であったり、離婚後でも相手と連絡を取ることは何かとあると思います。
その時に直接会う機会がもてるのであれば、お互いの家ではなく外で会うのがお勧めです。
どちらかの家で会うというのは、相手が無意識に警戒心を抱いてしまいやすいのです。
相手の家で会うとなると、相手は自分のテリトリーを侵食された気分になります。
「別れたとはいえ元々家族だったんだからいいでしょう?」と思うかも知れませんが、相手にとってはそうでないもの。
きつい表現をすると、別れた時点であなたはもう他人なのです。
物を取りに行くなどの要件があったとしても、極力家にはあがらない方がよいでしょう。
あなたの家で会うのもまた、相手は他人のテリトリーの中に居るという緊張感から警戒心を高めます。
このような状態で会話をしても、相手に「また会いたい」と思ってもらうのは難しいもの。
どちらのテリトリーにも当たらない、カフェやファミレスなど気軽に入れる場所などで明るく落ち着いた雰囲気の会話を心掛けると、相手に「離婚はしたけど、時々こうして会うのはいいかも」と思ってもらいやすいのです。
離婚前のふたりの安らいだ時間を思い出してもらうことで、相手の意識に再婚という選択肢を引き出させることがポイントです。

【相手のペースを乱さない】
ひとたび離婚となると、生活サイクルが大きく変わるものです。
今までは仕事・家事などふたりで協力し分担してきたものをひとりでこなさなければならないわけですから、やることの量は人数的に少なくなったとしても結果的に負担が増えることが多いです。
そうして相手に出来上がった新しい生活サイクルを乱すような関わり方はしないようにしましょう。
・不在時に勝手に家事をこなす
・食事を作って届ける
・時間を問わず電話やメールをする
・事前に約束をせず訪問する
など、どれも離婚前であれば当たり前にしていたことなのでつい気軽に行ってしまいそうなことばかりですが、それが相手のことを思っての行動だとしてもするべきではないでしょう。
あくまでこれから関係を深めたい他人として、節度を持って関わることで新たな信頼関係を築くことができます。
どんなに仲が良かったとしても、人と人が一緒に生活するにあたって習慣や考え方の違いなど、相容れない場面というのはどんな結婚でも必ずあります。
そういう時にこそ、お互いの生活サイクルを尊重するということがとても大事です。
その上でお互いの意見をすり合わせ、ふたりの生活を作っていく。
相手があなたと再婚した時に、そのような生活が持てるかどうかを想像できるような関係を目指しましょう。