伝えたいことを上手く伝えられないことで悩んでいる人に役立つ「コミュニケーション能力」や、「言語化する能力」を高める方法!認知改善!

伝えたいことを上手く伝えられないことで悩んでいる人に役立つ「コミュニケーション能力」や、「言語化する能力」を高める方法!認知改善!

伝えたいことが伝わらない原因の1つは言語化能力にある

この記事を読んでいるということは、あなたは、自分のコミュニケーションについて悩んでいるからですよね。

人との会話や対話、コミュニケーションが得意だという人もいれば、苦手だという人もいます。ですが、どんな人でも「自分が思っていることを言葉にして伝えても、相手には自分が思っている意味では伝わらなかった…」という経験があると思います。

自分の思考を上手く相手に伝えられない、上手く言葉にできない…。その原因の1つは「言語化能力」というものにあります。言語化能力が高い人は、人との会話や対話、コミュニケーションをスムーズに行うことが出来ます。

この言語化能力は誰でも鍛えることが出来るので、人との対話やコミュニケーションが苦手だという人も諦めないでください。

言語化能力ってどんなもの?

言語化能力を鍛えるためには、まず「言語化能力」がどういった能力なのかを知ることが大切です。その意味を知らない状態で言語化能力を鍛えようとしても、上手く鍛えることはできません。

言語化を簡単に分かりやすく言うのなら、アウトプットする力というものが当てはまります。アウトプットは、日本語で言うと「出力」です。つまり、自分が得た知識を文字に起こしたり、言葉にして伝えるということがアウトプットになります。逆に情報を得ること、知ることをインプット(日本語で言う入力)と言います。

人は、何かについて知ったり、学んだりしたことがあると、誰かに話したくなることがあると思います。無意識のうちに言語化能力を高めたくなるのです。この部分が「インプット」「アウトプット」するという部分です。

何かについて知ったり、学んだりすることが自分に情報を入力する「インプット」です。そして、誰かに話したくなる、伝えたくなるというのが出力であり「アウトプット」なのです。

実際に自分が伝えたいことを家族や知人などに伝えることがアウトプットです。人は無意識のうちに学習効果を高める「インプット」と「アウトプット」をしていたりします。

幼稚園児や小学生のお子さんが分かりやすい例になると思います。その日、幼稚園や学校でどんなことがあったのか、休日に友人たちと、どんな遊びをしたのか、ということを話したがる子も多いですよね。そして、学校や友人宅などから帰宅した後、家族に対して話していたりするのです。

これにより良質なアウトプットが出来るので、親は子供の話をしっかり聞いてあげることが子供の言語化能力を高めることにも繋がるのです。

「言語化」=「アウトプットする力」だということを踏まえた上で、言語化能力が何かというと、自分の思考や知識を出来るだけ相手に伝わりやすい言葉にして伝える能力ということになります。

言語化能力が低くなる原因とは?

前述のように、幼少期には言語化することが出来ていた人も多いと言えますが、現状として言語化能力が低い人もいます。これは、人が元々持っている言語化能力、コミュニケーション能力が関係していると言えます。この能力が低い人の場合は、成長過程で何かきっかけとなる出来事があると、言語化することやコミュニケーションをとることを恐れてしまうようになります。

幼少期に親や周りの大人たちから話を聞いてもらえなかった経験があると、自分の思考をあまり口に出さなくなってしまう場合があります。それが自分自身を守るための術になっている人もいますし、伝えたいことさえも飲み込んで感情を押し殺している人もいます。どんなきっかけがあったとしても、ずっと自分の思考を人に伝えずに感情を押し殺していると、結果として人の価値観を鵜吞みにしてしまったり、認知が歪んでしまったり、言語化能力が低くなってしまうことに繋がるのです。

また、大人になるにつれて、相手によって言葉を選ぶようになってしまいます。社会人になると場面に応じて使うべき適切な言葉が違ってくることもあり、言語化能力が低いと反応に困ってしまうこともあります。そうすると、言葉を選ぶようになってしまいますし、自分の思考も伝えていいものなのかわからなくなる場合もあります。その結果、自分の思考を相手に伝えられなくなり、言語化が上手く出来なくなる人もいます。

自分が正しいと思っていることを捻じ曲げたり、納得がいかないことを無理やり納得させることは、自分自身も相手のことも尊重していない上に、自分で自分を傷つけていることになるため、結果的に言語化能力を低くしてしまいます。なので、自分が正しいと思うことや納得いかないことなのであれば、素直に相手に伝えるべきです。これは成長過程であっても、大人になった後でも、同じことが言えます。

つまり、言語化能力が低くなってしまった原因は過去において「認知が歪んでしまった」ことも原因の1つとしてあるのです。認知とは解釈する過程のことです。この解釈する過程を修正出来れば、伝えたいことをスムーズに伝えることが出来るようになるのです。

言語化能力の低さがコミュニケーション障害に繋がっている

「言語化能力が無くても、生きていくことはできる」という風に考えている人もいると思います。ですが、言語化能力が低いと社会で生きづらくなってしまいます。

自分が思考したことを相手に伝える際、言葉の選び方によっては「自分が思っている意味」と「相手に伝わった意味」が異なってしまうこともあります。例え、同じような言葉や表現であっても、本来の意味や使う場面などを知っておかないと、内容によっては相手に悪い印象、嫌な感情を与えてしまうきっかけになってしまう場合があります。

そうなってしまった場合、嫌な思いをするのは自分自身であり、その相手です。つまり、言語化能力を鍛えておかないと、様々な人間関係のトラブルの元を自分で作り出してしまうことに繋がります。

また、言語化能力が身についていないと、自分の中でイメージしていることがあっても、いざ言葉にしようとした際に、思考がうまくまとまらなくなってしまいます。思考がまとまらないと、自分が誰かに伝えたいことがあったとしても、上手く言葉に出来ない、言葉に詰まるという症状を生み出します。

それでも自分の思いを伝えようとした場合、相手には伝わらないどころか、支離滅裂な言葉になるという結果を招いてしまうこともあるのです。なので、言語化能力が低いということは、コミュニケーションを上手くとれない、対話が上手く出来ない、というところにも繋がってきます。

言語化能力を鍛えるために手軽に出来る方法

言語化能力を鍛えるためには、まず「自分の思考を言葉にする練習」が必要です。自分の思考を文章にしても良いですし、声に出して言っても良いので、自分のやりやすいやり方で練習することです。

私が一番手軽でやりやすいと思う方法は、ブログや日記を書く、ということです。あとは思ったことをTwitterでつぶやくのも練習になります。ブログや日記なら、誰でも気軽に始めることが出来ますし、後から見直すことが出来るという意味でも、言語化能力を鍛える第一歩として一番良いのではないかと思います。ブログや日記を書くということは、誰かに自分の考えを伝えようとしている、ということになるため、言語化能力を鍛えていくことが出来るのです。

最初は上手く言葉をまとめようとしなくて良いので、自分が思ったことを浮かんだ言葉のままに書きましょう。多少まとまりのない文章でも良いのです。慣れてきたら、次は自分の考えに当てはまる的確な言葉を調べるなどして知り、少しずつでも相手に伝わりやすい文章にしていくことです。ちゃんと相手に伝えるためにも、語彙力を高めたり、言葉の正しい意味を知ることが必要不可欠なので、書いた文章を見直して訂正する行動も言語化能力を鍛える練習になります。

声に出して言う練習方法で言うと、本を音読したり、書いた文章を読むということが挙げられます。声に出して文章を読む、ということは、考えていることを言葉にして話す、ということの練習になります。まずは好きな本を音読するところから開始して、自分の考えを文章にすることが出来るようになったら、自分の書いた文章を読む、という風に段階を踏んで行ってみると、やりやすいと思います。

他には、家族や友人など身近な人たちに話す、教えるということを前提として、文章を書くのも一つの方法です。言語化能力が低い人は、何か説明したいことや教えたいことがあったとしても、適切な言葉が見つからずに、なかなか正確には教えられないことが多いです。

なので、言葉をたくさん知ること、つまり語彙力を高めるということが必要になってきます。語彙力が高まれば、様々な言葉を知るだけでなく、その言葉が持つ本来の意味も知ることになるので、より正確な言葉で説明したり教えたりすることが出来るようになります。

誰かに話したりする前に一度文章にするというクッションを挟めば、自分の頭で思考していた物事をより的確に伝えられるようにもなります。

コミュニケーション能力を高めることで、言語化能力も高まる!

言語化能力は、私たちが生きていく上で身につけておいたほうが得する能力だと言えます。自分の思いを的確に人に伝えられるようになる、コミュニケーションがスムーズにとれるようになる等、言語化能力を高めることで自分にとってプラスな出来事が起こるようになるのです。

「言語化能力を高める」=「コミュニケーション能力が高まる」ということになるので、逆にコミュニケーション能力を高めることによって、言語化能力が高まるという風にも言えます。

まずは、以下の引用をご覧下さい。

日本の企業が求めているのは、英語が出来る人材ではなく、コミュニケーション能力の高い人材だからです。
だから、コミュニケーション能力さえあれば、就職に困らなくなるということであり、食うに困ることはなくなると言うことです。

引用:デイリーパラダイムシフト

今現在、就職の際に企業側から必要とされる能力の第一位は「コミュニケーション能力が高い人材」で、以前は大切だと思われていた「語学力」などは二の次になっています。このことを踏まえて考えても、社会で生きていくためにはコミュニケーション能力、言語化能力を高めるということが必要になります。

下記の質問を顧客の立場になって考えてみてください。

あなたの元に営業マンが二人やってきました。話が上手くて商品の内容をわかりやすく伝えてくれるAさんと、口下手で商品の内容が分かりにくい伝え方をするBさん。どちらから商品を買いたいと思うか。

ほとんどの方がAさんから買いたいと感じ、Bさんから買うという人は少ないと思います。そうすると、自分が営業する立場だった場合、コミュニケーション能力や言語化能力が高い人のほうが売上成績が良いように感じますよね。営業以外の仕事でもそうですが、仕事をしていく上で、この能力があると上手くいくことが増えるのではないでしょうか。

能力も元々高い人と、そうでない人がいる事実

人によって得意なこと、不得意なことが違うように、コミュニケーション能力や言語化能力も元々高い人がいれば、低い人もいます。人それぞれ違いがあって当たり前なのに、兄弟・友人など身近な人やメディアなどの影響で「友人、恋人がいないとだめ」等と思っている人も多くいます。

周りに考えを合わせて話すのも良いですが、コミュニケーション能力や言語化能力がないと、途中で話が弾まなくなったり、会話の空気を壊してしまうことにも繋がりかねません。

そういったコミュニケーション能力の無さを改善させるためには、「デイリーパラダイムシフト」という音声プログラムが効果的です。

なぜ「デイリーパラダイムシフト」が効果的なのかというと、会話コンサルタントという仕事をしているプログラム作成者が自身の経験から気づいた「コミュニケーション能力を高める正しい方法」を音声として、教えているからなのです。

人は誰しも間違えていることがあり、その間違いは指摘されることによって、訂正していくことが出来ます。コミュニケーション能力においても同じで、人は気づいていないだけでコミュニケーションに関して多くの間違いがあるのです。

このコミュニケーションに関する間違いに毎日気づき、改善させていくことによって、コミュニケーション能力と言語化能力が高まり、仕事もプライベートも充実した生活を送ることが出来るようになるのです。

この「デイリーパラダイムシフト」というプログラム名には、「毎日物事の見方を変える」という意味があります。つまり、毎日少しずつでも自分自身の間違いや思い込みに気づき、物事の見方を変えていくことを繰り返すことでコミュニケーション能力を高めることが出来るのです。

このプログラムは、月々2500円の月額料金制で学習することが出来ます。しかも、毎日たった5分から10分続けるだけで良いのです。それだけで、コミュニケーション能力を高めることが出来、結果として言語化能力も高めることが出来るようになります。
自分の好きな時間、好きな場所で音楽を聴くような感覚で、毎日音声を聴くことで自分のコミュニケーション能力、言語化能力を高めていきましょう。

認知改善をすることで言語化能力も高まる

言語化能力が低くなってしまった原因は過去において「認知が歪んでしまった」ことも原因の1つとしてあるとお伝えしました。そして言語化能力が低いことがコミュニケーション障害にも繋がっていること。

つまり伝えたいことを上手く伝えられるようになるには「認知改善」が効果的なのです。デイリーパラダイムシフトでは音声を聞くことで認知改善が期待できるので、認知を改善しながら固定観念、間違った常識、思い込みを改善することで、質の良いアウトプットができるようになるので、言語化も出来るようになってきます。

つまり、あなたが言語化能力を高めるために、認知改善音声を聞き、学び、変化しながら、自分の思ったことをアウトプットしていけば、どんどん言語化能力も高まっていくということです。

あなたの心が必要としていることに気づき、それを知り、それを何らかの手段で伝えていく。これにより良質なアウトプットが出来るので、ぜひ、やってみて下さい。デイリーパラダイムシフトで毎日認知改善音声を聞くのは「インプット」になります。

そこから気づいたことや、あなたが誰かに伝えたいと思うことは、あなたの言葉で伝えていくと良質なアウトプットになりますので、言語化能力を高めることになるのです。ただ、人の言っていることをそのまま他者に伝えてはいけません。文章などをコピーしたら著作権侵害になりますので、あなたが知り、あなたが理解し、完全にあなたの言葉で伝えるのです。

その為の第一歩は、毎日認知改善音声を聞くためにデイリーパラダイムシフトを聞いてみて下さい。私も毎日聞いています。聞くことで自分の伝えたいことを人に伝えやすくなってきていることを実感しています。

なぜ、「認知改善」が「言語化能力を高める」ことに繋がっていくのかというと、まず「認知」とは「物事を解釈する過程」のことを言いますが、この物事を解釈する過程が歪んでしまっていると、正しく認知できないことがあります。正しく認知が出来ないと?そう、うまく言葉にできないのです。

なぜなら、あなたも経験があると思いますが、思考と感情が一致しないときって、言葉にするのもしっくりこないことってありますよね。だけど思考も感情も言葉も全部自分のもので一致したときってスーッと通るようにスッキリ話せますよね。

つまり、物事を解釈する過程が間違っていると、その間違いから、次の”つっかかり”に繋がり、結果、スムーズに言語化が出来ないのです。

例えば「妄想とは何ですか?」について思っていることを言語化するときに、私は「妄想とは非合理的で、そして、訂正不能なまでの思い込みを持っている」ことだと言語化して伝えます。これはなぜ、スムーズにスーッと出てくるのかというと、過去にも認知改善とともに何度もインプットしてアウトプットしたからなんです。

だから、認知改善をして、インプットしてアウトプットすることで言語化する能力も高まってくるのです。私は、この方法で間違いないと確信しています。

あなたも、毎日、新しい物事の見方、視点を手に入れましょう!そして、認知改善をして言語化する能力、コミュニケーション能力を少しずつ高めていきましょう!

言語化能力

返金保証もありますので安心してお申込できます。

「デイリーパラダイムシフト」の詳細はこちら

 

 

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ドクターズチョイス ファンガソープEX