最近、飼っている犬の病気がだんだんよくなってきました

最近、飼っている犬の病気がだんだんよくなってきました

最近、飼っている犬の病気がだんだんよくなってきました。

初めは、食欲が段々なくなり寝ている事が多くなりだしました。最終的にはぐったりしていてどうしていいのか全く分からず、慌てて動物病院に連絡をして連れて行き、診察をしてもらうと、尿結石という事で、とりあえず点滴などをしてもらい何とか一命をとりとめました。

それから何度も動物病院へ通いながら食事療法などで順調に回復してきていたのですが、ある時病状が悪化。

 先生には『手術をしようにも年齢的に手術後に皮膚がくっ付かないかもしれません。』しかも『此処では無理だから他の病院へ行ってください。』と言われどうしていいのかも分からず、途方に暮れました。

結局、手術に踏み切れずに、それでも何とか助けらんないかと、素人ながらにネットやいろいろなものから情報を集めて悪戦苦闘してやっと本人(犬)の生命力もさることながら、幸運な事に元気な姿に戻りつつあります。

今まで健康で病気一つしない元気な犬だったので居ることが当たり前すぎて、これで死んじゃうかもしれないとかなり精神的に堪えましたが、当然というものは無いのだと気付けた出来事でした。

今年で15歳になる老犬ですが、まだまだ元気で長生きして欲しいものです。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)をしていけば、人生が好転します!