何かがおかしい…盗聴されている?と思うなら一般家庭に置ける盗聴器の仕掛けられる多い場所をチェック!軍事目的などで開発されたスパイが使うような盗聴器もあるから厄介ですね!

盗聴器発見怖い犯罪と聞くと皆さんは何を思いますか?答えは人それぞれだと思いますが殺人、強姦、強盗などがあるでしょう。まだまだ卑劣な犯罪はありますが一人暮らしや、賃貸で暮らしてる人に聞くと意外に多いのが「盗聴」「盗撮」です。一般家庭の何処に盗聴器や、盗撮のカメラがあるか考えてみましょう。

多いのがたまにテレビの盗聴器発見する番組などを見たことがある人は分かるでしょうがコンセント周辺にある場合が多いと言われています。見た目は三ツ口タップですがそれが盗聴器だったりもします。自分や家族が用意してないものがあれば可能性高いので外しましょう。外すと電源が供給されないので盗聴器の役目は果たさなくなります。

他には「照明器具」「プレゼントされた物」「パソコン周辺機器」「ボールペンなどの文具」「エアコン」「家具」に盗聴器が仕掛けられている事もあります。

盗撮に関しては針の先程の穴がカメラレンズであったりするので電気機器などで違和感がある場合は確かめてみると良いでしょう。常に防犯意識を持って生活をしていくことが一番大切なことです。私に限って…俺に限って…そのような被害には合わないと思ってしまうことが盗聴などの犯罪を横行させてしまうことにもなりかねません。

今や軍事目的などで開発されたスパイが使うような盗聴器や、盗撮カメラ、暗闇でも星ひとつの明かりでもあるとクリアに映像が撮れる機器もお金さえ出せばネット経由などで個人購入も出来る時代だと思って置かないといけません。

気になる方は、値段は59800円と高いですが性能重視するなら原一探探偵事務所が推奨する盗聴器発見器「Tapping Search」で探してみて下さい。盗聴器発見のプロ、探偵事務所が信頼を持って推薦している発見器を使う事で安心した生活が出来ると思えば安いお買い物かもしれませんね。

他の盗聴器発見器

盗聴盗撮発見器 「プラスガード」CG-PLUS【フジックス】

盗聴器発見器 マルチディテクターαalphaアルファ (R-203)【OnSQUARE】