ブドウの種類が分かれば、ワインを選びやすくなります。

“ワインには色んな言語が書いてあるため、分かりずらいと思います。しかしワインのブドウ品種を知っていれば、どんな場面でもなんとかなるもんです(笑)

デートでレストランに行き、ワインをかっこよく選べたら鼻が高いですよね?

食前酒で乾杯し、前菜まで食べたら次は赤ワインを注文するという人が多いと思います。

そのために、赤ワインの大まかなブドウ品種を教えます。

赤ワインで代表的なブドウ品種は、カベルネソーヴィニヨンという品種です。力強く、肉料理などに合います。ステーキや肉料理を注文したら、とりあえずこのブドウ品種のワインを選べば大丈夫です(笑)

次にピノ ノワールという品種があります。カベルネソーヴィニヨンに比べて力強さはなくなり、酸味が強いワインが多いです。私の勝手な考えですが、ピノ ノワールはハズレのワインが多いです。ある程度、高いワインを買わなければアタリはないブドウ品種だと思います。

そしてガメと呼ばれるブドウは、ボジョレー・ヌーボーの品種です。こちらもカベルネソーヴィニヨンより軽いワインです。
またまた私の考えですが、ガメだけを使ったワインはあまり出回ってないと思います。そのため、あんまり選ばなくていい品種かなと思います。

他にも赤ワインのブドウ品種はたくさんあります。しかし、この3つが市場で出回る率が高い品種です。もしイタリアにいけばイタリア独自の品種がありますし、ドイツにも赤ワインの品種があがあります。
しかしカベルネソーヴィニヨンやピノノワールはフランスに代表される品種ですが、オーストラリアやチリ、アメリカなど様々な地域で栽培されています。そのため、これだけ知ってれば色んな国のワインを選べるんです。
残念な事に、フランスワインにはラベルにブドウ品種が載っていません。これは、フランスは地域によって栽培されてる品種がほぼ決まってるからです。
しかしオーストラリアやチリ、アメリカなどの国ではラベルにブドウ品種が載っています。なのでラベルを見れば、大体の味が分かるんです。

フランスよりも暖かい国の方が、同じ品種でも力強いワインを作ります。
ちなみに、品種を混ぜて作るワインもあります。
まぁ、ワインには表面のラベルの他にも解説してあるラベルもあります。これは日本語で書かれていて、ワインの特徴や合う料理までご丁寧に書いてあるため、それを見ればワインを選びやすいかなと思います。そして、もしレストランなどでワインを選ばなくてはいけなくなったら、ちゃんとウェイターさんに聞くと美味しいワインを教えてくれます。
なのでそこまで頑張んなくてもいいと思います(笑)しかし品種だけは知っていると、ウェイターさんは「ワイン知ってるな?」と喜んでくれると思います。”

ドクターズチョイス ファンガソープEX