小学生まで恫喝?ヤバすぎるでしょ清原和博!

言わずと知れた元野球の大スター、清原和博ですが、薬物使用でastukaが逮捕された後は、音無の構えでしたがここに来て、又少し様子が伝えられましたね。
亜希夫人との間に出来た二人の息子が所属する、リトルリーグの試合を久しぶりに観戦していたらしいのですが、運悪く長男が相手ピッチャーから死球を受けてしまったとか。
ピッチャーの少年は、すぐ帽子を取って頭を下げたのに、清原は激怒し「一塁手も謝らんかい、ボケ、こら!」と小学生を恫喝したといいます。
大人の草野球の試合なら、ビールを飲み過ぎた親父が調子に乗って、相手チームを口汚くヤジったりする事は多々あります。
そして周りの顰蹙をかい、大概はつまみ出されると相場は決まっていますよ。
でも清原の場合、小学生相手ですから呆れちゃいますね。大人げないです。
あの清原相手では、周りの親達もつまみ出す事も出来ませんからね。
清原も小学生から野球をやっていたのだから、野球のフェアプレー精神も充分承知のはずなのに。
やはり週刊誌が書いているように、薬物で身体も、頭も、心でさえもボロボロになってしまったのでしょうか?
彼は昔、薬物禁止を訴えるポスターにも出ていたはずなのに。
ヤバすぎるよ清原、どうしたんだ?