あがり症の克服に大事なプラス思考は潜在意識レベルから尊重の感情を!

  • 2014年7月19日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考のようになるようにするには極度のマイナス思考といったことをいい方向にいく行為がとても大切なんです。

マイナス思考に陥る方々のよくするよくないクセということで特徴のあることは身近な人もしくは自分自身天秤にかけてみて「自分は不幸だ…」といったようなことはマイナス思考な考えしてしまう何となく生きることなんだ。

もしもの話をしよう自分でない人が結婚するといったことを聞いたら一友人のあなたはいかがですか?言葉としてもメッセージでは「幸せ者だね!」喜んでしていても、心では「祝福するべきことだけど私自身にはパートナーもまだいないから結婚相手が現れるかが悩んでいる…」ようなこのような不安心などなど思ったりした経験はないでしょうか。

このような考え方が褒められないような考え方であるからしてこんな感じの比較し悪い方に考えるするなどなどを改めると物事を前向きに考えるプラス思考になっていくでしょう。

現実には天秤にかけるものではなく人と分けて考えることいくことが必要です。

私には私のいいところみんなにも長所があり比較できないいいところがあるといういうことを正しく呑み込める大事である。

プラス思考といったことや消極的な思考も、つまりは「思考の癖」なのだ。

前向きなプラス思考がクセになっている場合はどのようなことでも前向きに考えてネガティブな思考が常用癖のある人ダメな方に考えるような構図が出来ているのです。

例えばの話友人の結婚が決まったり役職に就いた場合は「妬ましいなあ・・・」と思うことをやめて「出来ることから始めよう!」いう思いや見解を拡大させて癖にしていき、定着すれば前向きな考えになります。

人の幸運と自分の幸福、より幸福なのはどっちかなどといったことは意味がありません。

幸せになる為のプラス思考の人は自分の幸福を人と天秤にかけたりしません。

今のままで充分幸せ。

「自分は自分なんだ」そういった気持ちがあれば平気です。

今度からは自分と他人との違いを認め比較することをやめて各々が「素晴らしい個性」だという真実を理解して尊重し合いませんか。

そうすることで幸せになる為のプラス思考で人生も前向きになるはずである。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。