あがり症の克服に大事なプラス思考は無意識レベルから尊重の感情を!

  • 2014年7月17日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

プラス思考のことについて書きたいと思います。

幸せになる為のプラス思考といったそのようにするには強烈な根暗な思考をチェンジさせる行為がとても大事であるマイナス思考をする方の常用するよろしくない習慣と際立つことは他人か自分天秤にかけてみて「自分は不幸せだ…」というようなネガティブな考えをを持ちながら生きてしまうです。

仮に友達が結婚するということを伝えてきたとき君はどう感じますか。

笑顔を浮かべ「お祝いしなきゃ!」と祝福しても心の中では「幸せになって欲しいけど私からしたら彼氏がいないから結婚出来るのかが不安だ…」と、これらといった心配的なものを感じたりしていないでしょうか。

こんな気持ちが人とは違う思考で、こんな感じの周りと比較して悪いように考えるすることなどのを改善するとプラス思考を持つ人になるのです。

本来は比較するべきものではなく人と分けて考えることいくことが大切です。

自分にはいいところあなたにはあなたの長所があり自身を持っていい個性という思いを完全に納得することがことが大切です。

幸せになる為のプラス思考も暗い考えは実は詰まるところ「考え方の習慣」ことなのだ。

ポジティブ思考が癖になってる人はなんでも良い方に捉えて、後ろ向きな思考クセになっている人マイナスに捉えるようなメカニズムが生まれるのです。

もしも友達の結婚が決まったり、仕事でうまくいった場合は「どうして私は友達みたいに幸せになれないんだろう…」と考えるのをやめて、「私にもできる」と感じる心や読み取ることを膨らませて常用していき、浸透すればポジティブ思考になります。

他人の幸せと自分の幸運、幸せなのはどっちかはかりにかけてみてもいつまでも終わりません。

前向きな考えの人は喜ばしい気持ちを他者と比較するなんてことはしません。

私は今幸せ。

「自分は自分なんだ」そういった気持ちがあればいいのである。

今からは区別して比較をやめて、めいめいが「素晴らしい可能性」なんだっていうことを理解しお互いを尊敬ませんか。

そういう考え方でポジティブシンキングに徐々に近づいていくようになるでしょう。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。