マイナスな感情は、表情に出やすいのがデメリットの一つ。

私は何となくですが初めて会った人の顔や動作を見て、「あ、この人マイナス思考な人なんじゃないかな」と感じることがあります。
確かな確証や証拠があるわけではないのですが、マイナス思考・ネガティブな人というのは、何となく肌で感じるのです。

私がなぜそう感じるのか、考えてみた時、思ったことがあるんです。それは、ネガティブやマイナス思考というのは顔の表情や仕草、動作や言葉からわかってしまうものなのではないか、ということ。
ちょっとした仕草や言葉の端で、自分では気がつかなくても相手には伝わってしまうこともあると思うんです。実際、ネガティブな感情が心の中にあっても隠しますが、周囲の人に感づかれてしまっている気がしてしょうがない、なんていう経験がある人もいるでしょう。

なので、私が今まで出会ったマイナス思考な人も、本人は気付いていないかもしれませんが、私のようになんとなくマイナス思考を感じ取ってしまう人には簡単に気付かれてしまうものです。
マイナス思考が表情に出てしまうと、周りも気を使いますし、影響されやすい人だとその人も気分が落ち込んでしまうこともあると思います。
マイナス思考が周りに伝わってしまうというのはデメリットですね。
周りの為にも自分のためにも、マイナス思考は振りはらっていくのが一番ですよ。
簡単に振り払うことが出来ない、という人は、『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)でプラス思考を練習していけば、いつの日か自然とマイナス思考を振り払うことが出来るようになりますよ。