マイナス思考のデメリットは、無気力になってしまうこと。無気力の解決法は睡眠です。

マイナス思考特有のデメリットと言えば、心に元気がなくなり無気力になってしまうことです。
マイナス思考だけど、やる気に満ち溢れている人を見たことがありますか?きっと多くの人が、見たことない、と答えるでしょう。

マイナス思考で悩んでいる人は、無気力だけど何とか頑張ってやっているという人ばかりだと言えます。
例えば、職場での人間関係や、仕事内容等の仕事のことが原因でマイナス思考になっているのであれば、当然仕事に対して無気力になってしまいます。そして、不思議なことに仕事のことで悩んでいるはずなのに、一度マイナス思考になってしまうと、趣味や恋愛など自分の好きなことに対してもやる気が起こらず無気力になってしまったりするのです。いわゆる連鎖反応が起きてしまうんですね。

何かで悩んでいるのなら、趣味を楽しんでストレスを発散した方が良い…、という風にアドバイスをしたい所ではありますが、何に対しても無気力になってしまっている人に対しては、このアドバイスも意味がありません。
悩み過ぎることで、全てのことに対して無気力になってしまいます。
生きていることさえ辛く感じてしまうこともあるでしょう。

そんな風に無気力になってしまった時は、寝るのが一番です。
一度寝てしまえば、マイナスをリセットすることが可能なので、どうしようもない時は寝て感情をリセットしましょう。
そして、無くなったマイナスな感情があった部分に、『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)を使って、新たにプラスな感情を作り出していくことで、さらに自分のマイナス思考に勝つことが出来るようになると言えますよ。