卵かけ御飯

卵かけ御飯をご存知だろうか。
しっている?まあそれはそうか。
でも一応、説明させて頂きたい。
まずはご飯をお茶碗によそう、自分の食べたい量をだ。
よそう量で卵との比率は変わるわけだから、慎重にご飯は盛ろう。
ここまでは皆一緒だろう、だがここから幾つか種類がある。
まず一つが生卵を割り、ご飯茶碗にダイレクトで落とす。
そこに醤油を散らしご飯をかきこむ。
1番のメリットはやはり「早い」事だろう。
そしてメリットにもデメリットにもなりかねないのは、何と言っても白身のギョロギョロ感だ。
これを好む人もいれば、ダメな人もいるだろう。
心配しないでいい、ギョロギョロがダメな人にはもう一つの食べ方を紹介しよう。
生卵をダイレクトでは入れずに、一度違う茶碗に落としかき混ぜる。
慣れていなければ少し時間がかかるかもしれないが、白身は黄味と同化してギョロギョロ感は気にならなくなる。
さあ、思う存分にご飯をかきこめばいい。おっと、さっきの行動に気になるところが?
気づくとは流石だな。
そう、卵を混ぜた方のお茶碗だろ?
確かにご飯にかけた後のお茶碗にはまだ卵が残ってしまう。
そんな時はそこにもご飯を少しよそうんだ、これで解決だろ?
ここまで話したが、もう既に卵かけ御飯が食べたくなったかな?最後に私おすすめのチョイ乗せだが、鰹節を乗せてお好みの量の醤油をかけて食べる。
これに限る。
さてこの辺で締めますが、よい卵かけ御飯ライフを!
[PR] 劇的に歌が上達したレッスン法を知りたいくないですか?

カラオケ上達法の記事が読めます。