銀杏は喘息の辛い症状や発作に高い効果を発揮する食材です。逆に食べないほうがいい食材にはグレープフルーツなどの生の果物があります。自分のアレルゲン食材を知ることが喘息発作を予防する鍵となります。

銀杏は喘息の辛い症状や発作に高い効果を発揮する食材です。逆に食べないほうがいい食材にはグレープフルーツなどの生の果物があります。自分のアレルゲン食材を知ることが喘息発作を予防する鍵となります。

わたしは苦しい喘息の発作などで悩み頭を抱えていた31歳の女性です。自らが摂取する毎日の食生活での食材に気をつけて料理をすることで現在では喘息が原因となって起こってしまう「しつこい咳」や「痰」などが以前と比べてみても随分と改善してきていて大分和らいできています。

喘息の原因にはアレルギーが関与しているため、喘息発作を誘発したり症状を悪化させてしまう食材というものがあります。果物ではキウイやメロン、グレープフルーツは発作を誘発しやすいアレルゲン食品のため摂取を控えたほうがいいといわれています。わさびなどの香辛料は粘膜に刺激を与えてしまうため、極力摂取を控えたほうがいいようです。アレルギー反応を起こす食材などは人それぞれ異なるため、自分が何を食べると喘息の症状がでやすいか把握をすることや病院でアレルゲンの検査を行い何に対してアレルギーがあるのかを知ることも大切です。

喘息の症状に効果があるとされる食材もありますが、喘息の咳や痰などに高い効果があるといわれている食材に銀杏が挙げられます。茶わん蒸しの食材や漢方薬などの原材料として用いられる日本人には馴染みの深い食材である銀杏には咳止め効果があるといわれています。銀杏にはカリウムやカルシウム、ビタミンB1・C、鉄など多くの栄養素が含まれています。その栄養素が喘息の咳や痰などの改善、頻尿や夜尿症など様々な症状に効果を発揮するとして昔から民間療法に使われてきました。銀杏にはメチルビリドキシンという中毒物質が含まれているため過剰摂取をすると、引きつけを起こすなどの中毒症状を引き起こしてしまう可能性が高くなります。1日の摂取量は10粒程度までが目安となります。たくさん食べるから高い効果が得られるというものではありません。適度な摂取量が健康を維持して喘息の辛い咳や痰などの症状を緩和してくれます。くれぐれも銀杏の食べすぎには注意をしましょう。

人間にとって食生活はとても重要なものですが、喘息の方にとってはアレルゲンとなる食材がたくさんあるため特に注意が必要です。自分のアレルゲン食材を知ることが辛い喘息の症状や発作から身を守ることに繋がる重要な鍵となります。

喘息の原因である、「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する、根本的な喘息改善法もあります。その方法は70000人以上の喘息患者を救ってきた方法で、やれば効果が得られる確かな方法です。あなたがもし、その方法「川井式喘息改善エクササイズ」を知りたいのなら以下より詳細をご覧下さい。

川井式喘息改善エクササイズの詳細はこちら