プロモーションビデオを作る

プロモーションビデオは音楽のリリースの際に作られることもありますし、宣伝のために作られるということもあります。

音楽作品のリリースというのも一種の宣伝なのです。

作り方というのは、製作会社に依頼をするという方法もあります。

そうすることによって、クォリティーの高いものを作ることが出来ます。

最近では個人でも作成をすることが出来るようになっています。

作る際には、まずどのようなコンセプトのプロモーションビデオにするのか考えなければいけません。

ストーリー仕立てにするのか、それとも商品や作品の世界をイメージしたものを作るのかということも考えなければいけません。

次にキャスティングです。

音楽作品であれば、その作品に関わっている人が登場することが多いです。

その作品を歌っている人であったり、ドラマなどで使われていれば、ドラマの出演者が登場することもあります。

撮影をする場所も決めなければいけません。

スタジオを借りるのか、またロケを行うのかということも重要となります。

コンセプトを基にして、絵コンテを作り、その上で出演者に登場をしてもらいます。

撮影をしたら今度は編集です。

中にはCGを入れるなどの効果を入れることもあるのです。

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。