オルニチンの体内活動

肝臓には疲労の原因になるアンモニアを分解するための働きをするオルニチンサイクルがあり
活性化させるためにオルニチンが使われます。
オルニチンサイクルで分解されたアンモニアは尿素に変えられます。
人体に悪影響を及ぼす毒を分解して害のない物質に変えるのです。
害のない物質に変えられると体内の毒をろ過してくれる働きをもつ
腎臓にも負担をかけないことになります。
オルニチンはダイエットや筋肉増強に効果があると言われていますが
オルニチンを摂取することにより成長ホルモンの分泌促進が行われ筋肉を作ります。
筋肉が増えるほど体の基礎代謝があがり、消費されるエネルギーも増えるため
脂肪を燃やしてダイエット効果が期待されるということです。
まだまだ解明されていない部分も多いオルニチンですが
人間が快適に生活できるように体内で様々な働きをしてくれているのです。
【オル二チンならしじみ習慣】

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)