オルニチンが含まれる食品

オルニチンといったらやっぱり、シジミと思っていませんか。シジミ以外にもオルニチンが含まれている食品ってあるのかを実際、調べてみました。さすがにシジミが断トツに多いみたいですが、エノキタケにも含まれているみたいです。というか、シジミと同じ位、値が高いです。なんだか、意外でしたね。だったら、エノキタケとシジミの味噌汁なんてどうでしょう。かなり、オルニチンがたっぷりで二日酔いになりそうな時に飲んだら良さそうですよね。
オルニチンはお酒で弱った肝臓を元気にしてくれますから。ちなみにオルニチンはいろんな食品に少しずつですが、含まれています。なので、常に成分表とかで確認しておくのもいいかもしれません。とはいうものの、オルニチンを含んでいるから、その食品を沢山、とるのはなかなか、大変です。シジミといったら正直、味噌汁しか思いつきませんし。

ただ、シジミは一度、冷凍するとオルニチンが八倍も増加するんだそうです。なので、冷凍にしてから食べるといいんですね。もっとも、少々、手間のように思えるんですが。オルニチンを含んでいる食品なら、シジミ。最近まで、そう思っていたんですが。なんと、シジミよりも多く、含む食品があったんです。シジミとっては強敵、現れるといったところでしょうか。それがだだちゃ豆なんです。ちなみにこのだだちゃ豆なんですが。山形県庄内地方で作られている枝豆なんです。余り、見栄えはよくないんですが。甘味と独特の濃厚な風味で人気の高い豆なんです。

でも、作られている地域が狭く、保存も難しかったので長い間、幻の豆と言われていたそうです。とはいうものの、最近では通販とかで手軽に購入できるみたいです。それに枝豆はお酒のお供ですからね。お酒を飲みつつ、オルニチンも摂取できるなんて理想的ではありませんか。ほかにもオルニチンを含んだ食品はあります。ヒラメにキハダマグロ、それにチーズです。ヒラメにキハダマグロといったらやっぱり、お刺身でしょうか。旦那さんの晩酌のお供にもなりそうですし。だけど、お刺身以外にもいろんな料理がありますよね。なので、メニューを組み合わせてみたら、意識せずにオルニチンをとることもできるかもしれません。