体内に合成界面活性剤が蓄積されると

私たちが普段使っているシャンプーやリンス、洗濯用洗剤や台所用洗剤など様々な場面で使われている洗剤には人体に影響を及ぼしてしまう合成界面活性剤というものが入っているということを知っていますか。
ではこの合成界面活性剤が体内に蓄積されてしまうと私たちの体にどんなことがおこってしまうのでしょうか。
合成界面活性剤が皮膚から侵入し体内に妊婦さんの体に蓄積されると、アトピー性皮膚炎の子供が生まれてしまうと言われています。
また、体内に侵入した合成界面活性剤は遺伝子まで傷つけてしまうそうです。
傷ついた遺伝子をもつ細胞は、異常細胞へと分裂しガン組織に発展してしまうとも言われています。
そして、合成界面活性剤が蓄積された体は免疫力が正常に働いてくれなくなってしまいます。つまり、風邪の菌や小さなガン細胞が体に入ってきても戦おうとはしないので菌やガンを死滅させることができないのです。
その結果、全身どこの臓器にもガンになる可能性がすごく高くなってしまいますし、風邪をひいてしまったら治りにくくなってしまいます。
また、発ガン性だけでなく、アレルギーを起こす原因にもなってしまうとも言われています。このように、合成界面活性剤とは本当に怖いものですね。
【おすすめ】
洗剤の影響で皮膚障害、抜け毛が多くなっていた方がここで紹介されているマルセイユ石鹸を使用してから劇的改善しました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)