占いを利用する前に知っておきべき基本知識

【そもそも占いとはどういうものなの?】

最近様々な方法で占いを利用できるようになり、とても身近に感じることが多くなりました。しかしそもそも占いとはどういうものなのか理解しているかたは残念ながら少ないようです。そのため中には予言と混同してしまっている方もいらっしゃいます。
占いは直接観察できない人の心や運勢、未来などを様々な方法で判断することを言います。そのため必ず当たるというものではなく、本来行くべき方向に導くことを目的としているのです。そのため未来を言い当てる予言とは全く別物ということになります。しかし見えない物事程知りたいと感じ利用するのは占いも予言も同じです。そのため占いは古くからあり、その種類や方法は次第に増えてきています。

【誰の、いつのことが占うことが出来?】

占いを利用したいと思った時まず気になるのが、誰を占えるのかいつの事が占えるのかです。
まず誰を占えるのかですが、自分はもちろん、他の人のことを占うことも可能です。つまり誰のことでも占えます。
次にいつのことを占えるかですが、過去や現在、未来のこと全てを占うことが可能です。つまりいつのことでも基本的に占うことが可能です。
しかし、このどちらにも共通することが、占いの方法によっては限られた事柄しか占うことができません。つまり占いでは誰のことでも、いつのことでも占うことは可能ですが、それぞれ方法が異なります。そのため誰のいつのことを占いたいのかで選択すべき占い方法が決まります。その方法も複数あるのでその中から自分に合った占いを見つけましょう

【占うことができる事柄は何?】

占いを利用を利用する時最も重要なのが、具体的にどのようなことが占えるかです。それでは占えることができる事柄を具体的にあげていきましょう。
運勢や未来はもちろんのこと、人間関係や仕事、健康に関することなど様々占うことが可能です。また相性や人の気持ちも占えます。つまり基本的に何でも占うことができ、よりよい道に導きアドバイスをもらうことができます。それは時に今後の人生を大きく変えることもあるのです。そのため大きな選択をする時に占いを利用し、アドバイスを聞き決断する人も少なくはありません。それだけ占いは様々な事柄に対応できるようになっています。つまり基本的にどの事柄でも占うことができ、各物事に合った占い方法があるのです。

【占うことが出来ない事柄は何?】

先程基本的にどの事柄でも占うことができるといいましたが、実は占い師には暗黙のルールが存在します。それは占えない事柄に関することです。
それは人の生死に関すること、犯罪やギャンブルに関する事柄が当てはまります。また法律や医学など専門知識が要する事も占うことが出来ません。その他入試の合否や無くし物、人数を当てるなどの事柄は占い師が拒否する場合が多いです。上記の以外にも占い師によっては占えない事柄もあります。このように占い師の中にもルールが存在するので、当たり前のことですが占えない事柄もあるのです。それはモラルを守るためでもあり、占い本来の目的から反れないためでもあります。そのためにも占い師にも占えない事柄が決まっているのです。

【占いをする前は事前に下調べしよう】

ここまでで占いに関する基本的な知識は身についたことでしょう。しかし重要なのはそれだけではありません。占いを利用する時最も重要なのが、事前に下調べすることです。
なぜ事前に下調べが重要かというと、占い師によって得意な占い方法が異なります。そのため自分が占ってほしい事柄に合わせて占い方法を選択し、その占い方法が得意な占い師を見つけることが大切です。それを事前に調べることでご自身が求めている占いをすることができます。今はネットを利用すると簡単に調べることができます。それを事前にするとしないで占いを利用した時の満足度は大きく変わります。そのため占いを利用する前に事前に下調べすることが最も重要なのです。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)