占い師が求人を探す場合の方法とコツについて

【占い師の求人の必要性】

占いを仕事にしたいと思って一生懸命勉強をしてもただそれを趣味で行なっているのであれば良いのですが、そうではなくてちゃんとしたお仕事として確率させたいのであればきちんとした職につかなければなりません。多分街中に座っている占い師を見た事がある人は『自分もアノスタイルで良いのかな?』と思う方もいるかも知れませんが、それは固定客が付いたりある程度の経験を積んだ後の方が良いですので先ず最初はちゃんと求人を利用して会社に所属をした方が良いと言えます。ですので今回は勉強をした占いが無駄にならない様にどの様にして職を探すべきなのかと言う事をご説明して行きたいと思います。就職難民にならない様に是非ご参考にしていただければと思っています。

【インターネット求人のメリット】

占い師と聞くと一般的なサラリーマンとはだいぶ違う印象を持つ場合が多く、求人を探すにもどうしたら良いのかと懸念をしてしまいがちですが、実はスマホなどでインターネットで探す事も出来ます。昔ですと雑誌で探すしかありませんでしたが、今は他の職種と同様に探す事が可能となっています。又、占いを事業にしている会社も少なくありませんので募集している事も珍しくはないのです。
また何と言ってもインターネット求人は毎日更新されている事や雑誌に比べて検索がしやすくなっている事から効率良く
職を探す事ができます。エリアや雇用形態も分かりやすいのでとても便利なのです。ただ一つ気をつけないと行けないのがいつも求人を出している会社と言うのはそれだけ離職率が高いと言う事も言えますので、単純に決めない方が良い場合もあります。

【各占い会社にアピールする方法】

次にご紹介をするのはこれは『占い会社』と言うキーワードで対象となる会社を検索します。そして採用している、していないに関わらず自らその会社にアピールをしに行く方法となります。ちょっと強引な方法に聞こえるかも知れませんが、例えば採用ページに求人情報が無くてもその会社の業績が良い場合には事業を広げようとしている場合や今まで扱っていない占いの形態を見つけて広げようとしている場合もあるのです。ですのでポイントと致しましては各社のホームページをよく見てどの様な占術をメインとしているのかや今後の事業展開に関する内容を読んで、なるべく自分に合っている形態の業種であれば自分の得意性を発揮する事ができますので、企業としても皆さんのスキルや経験を理解しやすいと言えるでしょう。

【求人情報を見る場合の注意点】

次に占い師の求人を見る場合の注意点についてご説明をさせていただきます。先ず気になる事は給料面です。これは皆さまが占い師をメインの職にしようとしているのか、または副業にしようとしているのかにもよって異なって来ますが、皆さまの生活スタイルに合った水準となっているかを見定める為にも行きたい会社がどの様な給料形態となっているのかは
とっても大切な事ですので後から後悔しない為にも必ず確認をしておきましょう。また業態として対面式なのか又は電話式になるのか、又は両方行っているのかなどのスタイルも大切な事になりますし、また一週間のうちの勤務日数も確認しておきたい部分です。そして偶に求人は出している物の給料形態や勤務日数などの情報が書いていない会社があります。これは何かしらの理由があって記載できない場合があるので、どうしても気になる会社であれば電話をして聞いてみるのも良いですが、対象ではない場合にはちょっと怪しんだ方が良いでしょう。

【占術の取り扱いにも注意しましょう】

またお給料や立地条件、業績が良くてとっても魅力的な会社だとしても、皆さまが得意とする占術を扱っていない場合があります。この場合は苦渋の決断かも知れませんが、その会社に入ってもし皆さまが得意とするする物が無いとしたらそれから覚えるのはとても大変な事です。
なので一般企業とはここが異なる点にはなりますが、なるべくでしたら少しお給料が安いかも知れませんが、皆さまの能力が活かせる会社を選んだ方が良いと思います。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)