合成界面活性剤とは、

まず、合成界面活性剤とは何か…
合成界面活性剤とは、
洗剤などに入っている主な成分です。
とても有用な成分が多く入っているため、
工業的に大量合成・使用、されています。
合成界面活性剤は、洗剤用途に
多く使用されている他に、
食品や化粧品の乳化剤や、保湿剤
としても使用されている。
また、界面とは表面とも言えます。
2つの混じりあわないものがあれば、
その間のことを界面と言います。
例として、水と油などがあります。
水と油は、混じりあわない、
と言えますよね。
その混じりあわない水と油との間に、
界面が存在します。
合成界面活性剤とは、その間を壊し、
混ざりあう違う成分にすることが、
できるのです。
では、合成界面活性剤の毒性について、
合成界面活性剤には、
植物性合成界面活性剤と石油系合成界面活性剤
があります。
問題なのは、石油系合成界面活性剤。
洗剤を使うと肌荒れ
したりすることもあります。
それは、合成界面活性剤が
洗剤に入っているからだと考えられます。
また、合成界面活性剤は、
体内に吸収されていくので、
肝臓などに悪影響を及ぼし、
発ガンする可能性もあるそうです。
洗剤や化粧品などに入っているので、
使用するのを辞めることは、
不便なことにつながりますが、
体によくないという知識をもって
使用すると、少しは変わってくるのでは
ないでしょうか。
またはシャンプー等、合成界面活性剤なしの安全なマルセイユ石鹸などに変えるなどして少しでも危険を減らす事が良いと思います。
【おすすめ】
洗剤の影響で皮膚障害、抜け毛が多くなっていた方がここで紹介されているマルセイユ石鹸を使用してから劇的改善しました!