血糖値を上げたり下げたする作用に関連するホルモン

※本記事のリンクはアフィリエイトを含みます。

※本記事のリンクはアフィリエイトを含みます。
スポンサーリンク
何でも揃う超激安サイト!
あの通販サイトで売られているものが
ここでは半額以下の場合もある!
米人気No.1の総合EC!お探しのものが何でも見つかる【Temuティームー】
スポンサーリンク
何でも揃う超激安サイト!
あの通販サイトで売られているものが
ここでは半額以下の場合もある!
米人気No.1の総合EC!お探しのものが何でも見つかる【Temuティームー】

血糖値を上げたり下げたりする原因にはホルモンバランスが密接に関わっていると言うことが挙げられます。具体的にはインスリンとグルカゴンと言う二つのホルモンが血糖値を司っています。特に皆さまも『糖尿病』と『インスリン』と言う言葉をセットで覚えている方も多いと思います。それもそのはずで、実は糖尿病はインスリンと言うホルモンの作用が低くなることで生じる症状になるのです。
インスリンが低くなると体内に糖分が溜まりやすくなり、身体に異常をきたしてしまいます。また食事については糖分の摂取がインスリンとグルカゴンのバランスに影響をもたらすと言うことも分かっています。このメカニズムと致しましては糖分は体内で吸収された後にブドウ糖に変換されて、このブドウ糖が血液によって体内の隅々にまで運ばれていき、エネルギーになります。
そして血液中にあるブドウ糖の濃度のことを血糖値と言いますが、先程述べたエネルギーのバランスを保つには血糖値を一定に保つ必要があります。ですので言い換えると冒頭に述べたインスリンとグルカゴンの両者のバランスが高すぎても低すぎても体内ではホルモンバランスに異常が生じたと判断をして急速に改善をしようとします。この様にインスリンには血糖値を下げようとする力、そしてグルカゴンには血糖値を上げようとする力があるホルモンとなるのです。

この記事を書いた人
アバター画像

何かに役立つ情報サイト(みんなの記事紹介サイト)の管理者として、40代の私がサイトを運営しています。皆様から集めた様々な記事を投稿し、お役に立てるよう心掛けています。ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にコメントを残してください。迅速にご返信させていただきます。

管理者(みんなの記事紹介)をフォローする
【広告】楽天の公式サイトに飛べます
【広告】楽天の公式サイトに飛べます

ランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

未分類
管理者(みんなの記事紹介)をフォローする
みんなの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました