喘息の症状・発作・原因・危険性・改善方法をまとめました!喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善が大切!

喘息の症状・発作・原因・危険性・改善方法をまとめました!喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善が大切!

喘息は一生付き合っていかなくてはいけない慢性の病気…
薬は一時しのぎだ…

 

こう諦めていませんか?

 

根本的な「喘息体質」を改善する方法こそが、良い方法であり必要な方法ではないでしょうか。根の部分から改善しないまま繰り返すよりも、根の部分からの改善こそが必要です。その改善方法は「川井式喘息改善エクササイズ」です。

・喘息の症状

喘息の有名な症状は、咳や息苦しさ、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった呼吸音を伴う喘鳴などですね。あまり知られていませんが、胸に痛みを感じたり、喉に違和感を感じるのも喘息の症状のひとつです。

最近では咳だけが出る咳喘息という症状も増加しているので、ますます風邪などとの判別がつきにくくなっています。症状が見られるのは、大体夜中~朝方にかけて。特に日本は四季があり、気温差が激しい時や天気が変わりやすい日などは症状が出やすくなります。

また、身体的理由として疲れているときや風邪などで体調を崩してしまっているとき、タバコの煙などといった気管支部分にアレルギー要素を吸い込んでしまった時があげられます。

喘息というと、どうしても子供がかかるものと思われがち。しかし、実は人口約15%程度といわれる喘息の患者数のうち5~7割が子供で、3~5割は大人だといいますから意外と多いと思いませんか?

子供の喘息は成長による気道の拡張強化で改善が見られますが、それに比べて大人は成長しきった気道で起こるのでなかなか厄介です。しかも喘息が悪化しての呼吸困難など死亡者も少なくなく、今後の喘息患者数は着々と増加の一途を辿っていくかもしれません。

・喘息の発作

喘息の発作は小中大とその重症度を分けられます。その発作は、大人に比べ幼くなればなるほど状態が悪化するので注意が必要です。

小発作であれば、日常生活が普通に行える程度ですが、軽い喘鳴、胸が引っ込む陥没呼吸が起きます。中、大とひどくなればなるほど、前述症状の悪化、呼吸困難や呼吸・脈拍増加、酸素不足から手足が青紫になるチアノーゼなどが起きるようになってきます。

発作対策としては、映画やドラマで見る簡易吸引器での薬の吸入がありますが、いつでも持ち歩いているとも限りません。その場合、まず楽な姿勢をとらせ、襟元や下着を緩めます。気道を楽に出来る形にする事が先決。水分補給や加湿で痰をきりやすい状態にするなど、呼吸が楽になる方法を取りましょう。

呼吸困難や意識障害がある際は救急に連絡。特に子供の場合は自分の意思を上手く話せません。その場合近くにいる大人が様子を観察し、かかりつけ主治医などに指示を仰いで下さい。

・喘息の原因

喘息の原因は、呼吸をする為に利用される気道がアレルゲンに冒されてしまう事から。気道はアレルゲンに冒される事で炎症を起こし、痙攣や縮小を起こします。そこから発作に発展してしまうのです。

主なアレルゲンは、ダニやハウスダスト、ペットの毛や花粉、大気汚染などがあります。この他、人によっては食物や運動、過労やストレスなどによっても起こりやすくなるとの事。要は身体がアレルギー体質になってしまうからだといえます。

アレルゲンによる発症は大人になればならないというワケではありません。今まで平気だったものがある日突然、という事も充分あります。

また、子供は小さければ小さいほど免疫力が低いため様々なアレルゲンに冒されやすく、悪化の進行も早くなりますから充分注意が必要となります。

大事なことは、喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善が大切です。

 

・喘息を放置する危険性

2013年9月、バナナマンの日村勇紀さんが喘息を悪化させ検査入院。2週間後にはメディアに顔を見せてくれましたが、たくさんのファンが彼の安否を心配されたのではないでしょうか?

そもそも持病として長年喘息に悩まされていたという日村さん。その時も咳が続き「あ~、軽い発作かぁ」と安易に考えていたといいます。ところが、あまりに長引く咳に相方の設楽統さんが心配、病院への受診を薦めたのだとか。すると、なんと喘息の放置から元々ある高血圧症などと合併。心不全一歩手前程の重症となっていたのです。

日村さんの場合は見た目通り肥満の問題も。ファンの間でも彼の健康自虐ネタを心配する方が多かったといいますが、なにはともあれ病気の早い発見がされて良かったですね。

・喘息を放置すると?

喘息の種類は様々あり、アトピー性だったり気管支喘息だったりとその人によって症状が違います。そんな中、ここ最近徐々に認知度をあげてきているのが咳喘息です。主症状が咳のみなので安易に考えがちですが、放置すると慢性的な気管支喘息になります。

ところで、喘息と聞いてあなたはどんなイメージがあるでしょうか?きっと脳梗塞などに比べると軽く考えがちかもしれませんね。しかし、2000年を過ぎても喘息の患者数は約150万人。今も少なくなっているとはいえ喘息で亡くなる方は約2000人いるといいます。意外にも若い方が多いのは、仕事や金欠、面倒臭いを理由に病院に行かない方が多いせいかも。

ちなみに、インフルエンザなど重症化しやすい病気から喘息が悪化し、呼吸困難になって亡くなる方も。その証拠に、民間の生命保険でも喘息は保障対象外です。持病で喘息を持っている方は軽い風邪でも油断してはならないといえます。

・喘息の改善方法

喘息の改善方法は、まず、一般的に言われていることですが。その喘息の原因となっているアレルゲンがなんなのかによって大分変わるかと思います。

例えば、タバコの煙によって喘鳴が起きるような人がパチンコ店やゲームセンターに入っていったらどうなるでしょう?例えば、犬や猫といった動物の毛が原因で咳が出るような方がペットショップや動物園にでも行ったりしたらどうなるでしょう?誰もがそうとは限らないとはいえ、下手したら呼吸困難を起こして倒れてしまうかもしれません。最近ではパチンコ屋やゲームセンターでもだいぶ分煙化などが進んできているとはいえ、全部がそうともいえないのが現実です。

きっと大人であればそのアレルゲンを自分で知り、その原因に近付かないよう気を付けるかと思います。しかし、小さい子供はそうできず苦しんでしまう事もあるので注意が必要です。

例えば、ハウスダストやダニといったもので咳が起きるなどであれば空気清浄機を回したり、こまめな掃除をするのは当たり前。タバコやペットの毛が原因であれば近くの大人がより気を使ってあげましょう。また、中にはストレスから来る発作を起こす場合も少なくありません。細かい仕草の変化などに注意し、より早く症状に気付いてあげたいですね。

しかし、これでは根本的な解決にはなりません。喘息の原因は「気道の炎症と気道の狭さ」ですから「気道の炎症と気道の狭さを改善することが根本的な解決」になります。根の部分から改善しなければ一時しのぎになります。

そこで、喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善法の「川井式喘息改善エクササイズ」を包み隠さずお伝えします。現在までに70000人の喘息患者を救ってきた、やれば効果が得られる確かな方法です。

このエクササイズは「子供からご年配の方まで無理なくできる」のでお子さんの喘息を根本から改善するためにおすすめです。

わずか2日程度で「息を吸いやすい」「声が出しやすい」「楽に呼吸が出来る」などの嬉しい効果が表れ、たった2ヶ月で酷い喘息が特別な道具も、薬も使わずに改善した方法です。

川井式喘息改善エクササイズの詳細はこちら

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)