顔のイボについて

1.顔のイボの原因は?

イボと言えば、体の中でも顔や首を中心にできる突起状の膨らみになります。小さなものでは数ミリ程度ですが、大きなものですと小指の先程の大きさになる事もあります。ではこのイボとは一体何が原因となってできているのでしょうか?

まず、イボには年齢によってできるものから、免疫力の低下、ウイルスが原因となっているものまで、その原因や種類も様々です。例えば、日常生活を送る上で必ず晒されてしまう紫外線や、タバコや飲酒、睡眠不足等の生活習慣の乱れも、イボが発生する原因となってしまいます。

また、日頃のストレス等が溜まり、体の免疫力が低下したところにウイルスが発生してできてしまうイボや、けがの傷口を不衛生な状態の手で触れてしまった事で発生してしまったイボに関しては、元々小さかったものでもウイルスが広範囲に散らばり、大きく肥大化する事もありますので、イボの中でも特に注意が必要です。

2.顔のイボを除去するには?

様々な原因で顔にできてしまったイボは洗顔やメイクをする時にも邪魔ですし、気を付けないと爪の先等でイボを傷つけて余計にイボを酷くしてしまうこともあります。では、このイボを取り除くにはどの様な方法があるでしょうか?

基本的にイボは複合的な理由から発生しますが、イボを発生させない為には必ず健康な体作りが大切になってきます。まずは、ストレスを溜め込まない様に体をリラックスさせましょう。それには、夜更かし等は避けて、睡眠をしっかりと取り、毎日の食事メニューにも気を付けましょう。

次に、イボを科学的な方法で取り除く方法ですが、小さなものですと医療レーザー等を使って、傷口の目立たない方法でイボを切り取る事が可能です。レーザー治療はシミの治療にも使われていますが、傷口が残りにくく綺麗なのでお勧めです。

そして老人性等の大きなイボに関しては、病院で外科手術を行う事もあります。それには保険が適用される事もありますので、病院で診察を受けて治療されるのが良いでしょう。

3.皮膚科で顔のイボを取れる?

顔のイボができてしまった場合、特に女性は美容の面でも気になると思いますが、そしてイボを取り除く為に、先ずは美容整形外科を訪れる女性が後を絶たないと言われています。確かに美容整形外科でもイボの手術は行われますが、基本的には美容を目的としたレーザー治療、又は切除手術になりますので、医療的な観点と言うより見た目を美しくする為に特化した治療になってくると思います。

しかし、皮膚科でもイボの治療は行っています。皮膚科の場合、そのイボが良性であるが、悪性のものであるかも判断してもらえます。例えばシミやホクロであっても良性と悪性があります、悪性の場合は癌である場合もありますので、治療方法は全く変わって来るでしょう。

イボもシミ等と同じで、もしも診断結果が悪性だった場合には、それは腫瘍として判断される事もあるでしょう。そうなれば、皮膚科ではなく内科を紹介されて、イボを除去しても良い状態なのかを判断する為に、新たに精密検査に回される事もあります。

イボが皮膚科で治療できるものであれば、内服薬や塗り薬を処方されたり、医療レーザー、液体窒素を使いイボを焼く等の治療が行われます。もし、現在気になるイボがある場合には、先ずは皮膚科で診察を受けてみるのも良いかもしれません。

4.薬で顔のイボを取れる?

イボに関する治療方法は色々とありますが、その中でも簡単にできるものとして、内服薬や塗り薬等があります。体から飛び出してしまったイボが薬で消えるのか疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、実際に小さいものでしたら薬でもイボを大きくしない様に抑えたり、イボの予防することは可能です。

つまり、既にできてしまったイボや、ある程度大きくなってしまったイボに関しては、薬で取り除く事は難しいかもしれません。例えばイボ治療の内服薬として有名な、ヨクイニンと言われる成分がありますが、このヨクイニンはハトムギを指しています。

ハトムギには良質な栄養素がたっぷりと含まれており、イボの原因となっているウイルスに打ち勝つ体作りに一役かってくれます。つまり薬でイボを取り除くと言うよりも、イボをこれ以上悪化させないように、内服薬や塗り薬を使ってイボの発生を防ぐ役割があるといった方が分かり易いかもしれません。

顔のイボを除去したいと考えている方でしたら、きっと他の場所にイボができ易い体になっていますので、薬を使ってイボのできる原因を少しでも早めに抑えてしまうのが、イボをこれ以上悪化、発生させないポイントになってくるでしょう。

5.老人性の顔のイボとは?

イボと言えばやはり思い浮かぶのが、老人性のものかと思います。老人のイボは形状から、大きさまで実に様々ですが、そのイボの原因として考えられるのが、やはり幼い頃から長年に渡って浴び続けてきた紫外線や、加齢によって起こる皮膚の新陳代謝の低下、内臓疾患等も考えられます。

そして、老人性のイボには名前があり、脂漏性角化症と言って、肌色又は黒っぽく小さな突起した皮膚の盛り上がりから、ホクロ状の塊が顔から首にかけて、多数にできるものが、大まかに脂漏性角化症にあたります。これらは基本的に良性ですが、途中から悪性の癌になってしまったと言う報告も聞かれますので、注意しなければいけません。

老人性のイボはケースバイケースですが、治療に保険が適用される事もあります。小さいイボであれば1万円程で、レーザーや液体窒素を使い、ある程度は綺麗に取り除ける場合もありますが、大きなものになりますと、形状も様々ですので場合によっては、メスで切除した後に縫合の必要があるかもしれません。

6.顔イボを除去した体験談にはどのようなものがある?

顔のイボを実際に除去した方はどの様な体験をしているのでしょうか?それにかかる痛みや実際にイボを除去した方の治療経過や仕上がりも気になる所かと思います。

実際にイボを治療した方の口コミを見る限り、痛みに関してはイボの大きさが大きければ大きいほど、治療の範囲も大きくなりますので、治療の痛みも強くなる様です。レーザー治療で取り除ける範囲内の小さなイボでしたら、局所麻酔をした後に、レーザーや液体窒素でイボを取り除くそうですが、レーザーの場合には痛みの感覚として、輪ゴムで強く弾いた様なと表現されている方も見かけます。

液体窒素に関しては、イボを瞬間的に液体窒素で凍らせた後に、数週間放置しておくとかさぶた状になったイボが自然と落ちるそうです。液体窒素の場合、治療後に経過観察をした方の話で多いのが、イボが表面上だけ除去された状態ですので、やはり再発しやすいとの意見も見られます。

次に、イボがあまりに大きなものですと、取り除くには切除手術が必要になってきます。手術にはメスを使いますので、治療後に麻酔が切れると切り傷がジンジンとした痛みがある様です。しかし、治療後の写真を見てみると、まるで傷口が全くどこにあるのか分からないほど綺麗に取り除かれているので驚きます。

イボの除去には様々な方法がありますが、イボのタイプや大きさによってはご自身が希望する治療方法を選択できない場合もありますので、担当の医師等と話し合ってどの様な治療が、ご自身の症状に合っているのか、しっかりと相談しながら決定していきましょう。

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)