ランエボの進化・6代目〜9代目

初代のランエボ?は、あっさりとしたスタイルでしたが、WRCのレギュレーションに合わせて進化し続けてきました。

1999年にはランエボ?が登場し、フォグランプを小型化・競技ベースのRSは世界初のチタンアルミ合金製のタービンホイールを採用しました。

同じ年に登場したランエボ?の中には、ドライバーズチャンピオンになったトミ・マキネンの特別仕様車も販売されました。

2001年に登場のランエボ?は、 ランサー・セディアをベースに 280ps/39.0?-mを発生させ、アクティブセンターデフを初搭載して操縦安全性が高まりました。

2003年にランエボ?、2005年にランエボ?が登場。

?は、トルクアップして40?-mになり、ミッションも6速MTを採用し、ホイールもエンケイ製を履いています。

?は、吸気側に連続可変バルブタイミング機構を採用して燃費がアップ。

新グレードのGTも発売されました。

ランエボ?〜?まで、グリルの中央に三角の三菱のエンブレムが付いていますが、これは富士山をイメージしており、イタリアのデザイナーが考えたんですよね。

2005年には、ランエボ?をベースにしたステーションワゴンも発売されて、翌年には、ビルシュタイン製のダンパーを採用した「MR」も登場しました。

このようにランエボも次々と発売されていくので、今では中古で安く手に入りますよ。



潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?

【ランディングページ】 ドクターズチョイス ファンガソープEX 728x90

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)