便が出ると嫌でも自動的に若返る秘密とは?鍵は活性酸素にあり!

【便秘の人は老けて見えるって本当?】
世の中には便秘に悩む女性は多いですよね。そして、便秘が酷くなると実年齢よりも老けて見えてしまう事も多いです。これは、老けて見えるのではなくて実際に実年齢よりも老けているんです。
どういう事かというと、便秘というのは不要な便が体内にまだいる事で、ゴミ箱にゴミがあるのと同じ状態だからです。そのゴミが生ゴミだった場合、時間が経つにつれて腐って臭くなっていきますよね。便も一緒で、体内にいると悪玉菌が便を腐らせます。だから便が臭くなります。それでも便がでないと、腐る時に発生した有害物質が血液にのって体じゅうを走ります。そうなると肌は荒れますし、髪の毛のツヤはなくなります。だから実年齢よりも老けてしまうのです。それに、便秘によって腹痛や吐き気があると生き生きしているとは言えず、老いて見えます。
【活性酸素とは?】
老いと切っても切り離せない関係にあるのが、活性酸素です。活性酸素という言葉を知っている人だと、なんとなく悪いイメージがあるのではないでしょうか?しかし、本来は活性酸素というのは体に必要な酸素です。体に入り込んできた病原体などをやっつけてくれますし、酵素の働きを助けてくれます。酵素は食べ物を消化吸収する働きをする成分で、酵素が上手く働かないと体調不良を起こしたり、どんよりとした気分になってしまいます。そして、便秘にもなりやすくなります。だから、それを助ける活性酸素は体にとって強い味方なのです。体に入る酸素のうち、2パーセントが活性酸素になると言われています。
【便秘になると活性酸素が増えるわけ。】
悪玉菌が便を腐らせると有害物質が発生しますが、それを体が黙って見過ごしているわけではありません。体はなんらかの対処を考えます。そしてピンチヒッターのように現れるのが活性酸素です。活性酸素が有害な毒素を消してくれますが、活性酸素は攻撃性が強いという反面を持っています。毒素をやっつけるついでに、正常な細胞まで傷つけてしまいます。傷つけられた細胞は、二度と傷つけられないように酸化して固くなります。これが老いの原因でもあるのです。有害物質は血液に乗って体中に移動するため、活性酸素も腸だけではなくて体の至るところで発生します。肌で活性酸素が活躍すれば肌は固くなって滑らかな肌とは言えなくなりますよね。だから活性酸素はなるべく増やさない方が良いのです。
【活性酸素を増やさないためには。】
活性酸素を増やさないためには、適度に運動する、飲酒喫煙をしない、食生活に気をつけるなどがあります。これらは、便秘にならないための方法でもあります。つまり、こういった事を心がけていけば、便秘が治って若返りもできるのです。
そして、便秘になれば活性酸素が活躍するのであれば、便秘にならないように善玉菌を増やしてあげるのも若返りにつながっていきます。
【サポートつきの便秘改善方法って知ってる?】
「便秘を治すだけで若返りができるのならば、便秘を治したい!」となっても、どうやったら正しく便秘を治せば良いのか分かりませんよね。便秘薬を使う?たくさん食べて便を出す?これらは、間違いです。便秘薬は常用すると余計に便秘になりますし、たくさん食べても便秘は改善しにくいです。このように便秘改善のために良いと考えられている事が、間違っている場合もあります。だからなにをすればいいの?となった時に、1から教えてくれるようなサポートがあったらいいなと思いませんか?「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、1から便秘を教えて、スカイプなどでアドバイスまでしてくれる便秘克服プログラムなので、あなたの分からないを分かるにしてくれるはずです。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム