大人になっても肌を美しく保つコツ

若い時はいつもプルンとした肌をしていて正に水をも弾く肌でしたが30代、40代になるとだんだんとカサカサしたお肌になって来てしまいます。ですのでいつまでも若々しい肌を保つにはどの様な事に気をつけたら良いのかと言う事をお話し致します。
まず、年齢を重ねるとどうしてもオイリー肌になってきてしまいます。またお化粧をする関係で洗顔時に顔を洗い過ぎてしまう傾向にあります。お肌を綺麗にするには致し方ない事なのですが、大切な事は洗顔をした後には十分に保湿を行うと言う事です。これを怠ってしまうと睡眠中にも体内から水分は蒸発していますので、朝起きた時には更に肌が乾燥してしまっています。ですので入浴の後はお湯の熱気によって肌から水分が飛んでいますので化粧水で補う必要があります。
また就寝までに数時間空いてしまう場合には、就寝前に再度化粧水を肌に含ませて2〜3分経ったらクリームわわ塗ってからお休みになられる事をお勧めします。
また睡眠時間についても若々しい肌を保つ為に必要な事になります。具体的には夜22時〜午前2時までが肌のゴールデンタイムと言われており、成長ホルモンが分泌し易い時間帯となりますのでこの時間はお休みになる事が大切ですし、全体的な睡眠時間も最低でも6時間は取る様に心がけましょう。