仕事に関するプラス思考とマイナス思考の考え方

自分の本当にやりたい仕事に就いている人の割合というの、どのくらいいるのでしょうか。

きっと、本当はこの仕事が特に好きなわけではないけれど、生活の為に働かなきゃならないから仕事をしているという人も少なくないはずです。
仕事に対しての考え方も、プラス思考に考えている人もいれば、マイナス思考に考えてしまっている人もいるでしょう。
仕事に対して、マイナス思考で考えている人というのは、仕事の内容が好きじゃないとか、同僚や先輩等会社での人間関係で苦手な人がいるという理由で、マイナスに考えてしまっているのでしょう。

あなたは、「忙しい」、「疲れた」、「もう辞めたい」が口癖になってはいませんか?
ですが、仕事の内容は好きではないとしても、好きじゃないなりに楽しみながら、プラスで考えている人もいるわけです。
そういった人たちは、仕事の内容ではなく、職場での気が合う人に会える楽しみ、給料日の楽しみなどを想像しながらわくわくした気持ちで仕事に取り組んでいるのです。

もし、これから先、「疲れた」「忙しい」と言いたくなったら、「すごく充実してる」と言ってみましょう。
言った時に「疲れた」と言う時よりもダルさがないはずです。
言葉だけだとしても、考え方をプラスに変えれば、思考も少しずつプラス思考になれるんです。
その練習として、『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)を毎日楽しみながら続けてみるのも、プラス思考になるための良い行動ですよ。
例え、嫌だと思う感情が出てもそこで投げ出さないこと等で、プラス思考に近づいていると言えるでしょう。